【海外の反応】翻訳したらこうなった+ TOP  >  歴史




「尊敬する」日本の特攻隊員とアメリカの戦艦ミズーリの艦長にまつわる逸話と海外の反応



BB-63-600x407.jpg



太平洋戦争末期に、日本の神風特攻隊が攻撃したアメリカの戦艦ミズーリの艦長にまつわる逸話が海外掲示板で注目されていたのでご紹介です。

そのスレがこちら


元スレ 海外掲示板
今日知ったこと:日本の神風がアメリカの戦艦ミズーリを攻撃した時に、パイロットの遺体がデッキに落ちた。
周りは反対したが、ミズーリのキャプテンはそのパイロットの水葬で弔うことを決定した。
彼は「敵兵でも死んだら敵ではない」と説明し部下に日本の国旗を作らせた。

https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/6w9dui/til_during_wwii_a_japanese_kamikaze_hit_the_uss/?limit=500


詳しくはこちら

米国戦艦ミズーリで行われた、日本兵の水葬

ハワイの真珠湾には、太平洋戦争で戦火をくぐりぬけてきた米国の戦艦ミズーリが係留されています。その、ミズーリの右舷艦尾に残っている「カミカゼ・アタック・サイト」(特攻機の攻撃場所)と称する「凹み」。カミカゼ、そうです、日本軍の特攻機が戦艦に体当たりしてつけた傷跡です。

太平洋戦争も末期、昭和20年4月11日午後2時43分、鹿児島県薩南諸島喜界島沖で、一機の零式戦闘機が戦艦ミズーリの右舷艦尾に突入しました。

艦上でもれた燃料に火がつき、燃え出した戦闘機を沈火すると、そこには若き日本兵の遺体が残りました。

自分の命を投げ出して任務を全うした勇気ある攻撃に心を打たれたウィリアム・キャラハン艦長は、海軍式の水葬で弔おうと提案します。もちろん、反対の声はありました。「敵兵にそんなことをする必要はない!」 彼らにとっては仲間を殺したかもしれない敵兵です。

しかし、艦長は「敵兵でも死んだら敵ではない。国のために命をささげた勇士である。これは艦長の意志である。丁重に葬ってやりたい」と決意を表明し、星条旗に日の丸を描かせて遺体を包み、翌12日、礼砲5発、全員敬礼をして水葬をとり行ったのです。

https://ameblo.jp/kandoukotoba/entry-12054100654.html



[ 2017年08月30日 22:17 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(67)

神風特攻隊の若者が出撃前夜に残した異例の手紙に外国人衝撃⁉︎



200px-Ryoji_Uehara.jpg




神風特攻隊として出撃し22歳という若さで亡くなった上原良司さんの「所感」と題された遺書が海外掲示板に取り上げられていたのでご紹介です。
数多くの特攻隊員の遺書の中でも、自由主義への願いが込められるなど異例の遺書として知られ、深い知性と教養を感じさせるこの所管の内容が、驚きと共に外国人の方々の関心を集めていた様です。



元スレ 海外掲示板
「今日知ったこと:神風パイロットの上原良司が出撃前夜に残した最後の手紙は日本で傑作と考えられている」
https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/6hx99i/til_of_ryōji_uehara_a_japanese_kamikaze_pilot/





「所感」
栄光ある祖国日本の代表的攻撃隊ともいうべき陸軍特別攻撃隊に選ばれ、身の光栄これに過ぐるものなきと痛感いたしております。思えば長き学生時代を通じて得た、信念とも申すべき理論万能の道理から考えた場合、これはあるいは自由主義者といわれるかもしれませんが。自由の勝利は明白な事だと思います。人間の本性たる自由を滅す事は絶対に出来なく、たとえそれが抑えられているごとく見えても、底においては常に闘いつつ最後には勝つという事は、 かのイタリアのクローチェもいっているごとく真理であると思います。
権力主義全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。我々はその真理を今次世界大戦の枢軸国家において見る事ができると思います。ファシズムのイタリアは如何、ナチズムのドイツまたすでに敗れ、今や権力主義国家は土台石の壊れた建築物のごとく、次から次へと滅亡しつつあります。
真理の普遍さは今現実によって証明されつつ過去において歴史が示したごとく未来永久に自由の偉大さを証明していくと思われます。自己の信念の正しかった事、この事あるいは祖国にとって恐るべき事であるかも知れませんが吾人にとっては嬉しい限りです。現在のいかなる闘争もその根底を為すものは必ず思想なりと思う次第です。 既に思想によって、その闘争の結果を明白に見る事が出来ると信じます。
愛する祖国日本をして、かつての大英帝国のごとき大帝国たらしめんとする私の野望はついに空しくなりました。真に日本を愛する者をして立たしめたなら、日本は現在のごとき状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。世界どこにおいても肩で風を切って歩く日本人、これが私の夢見た理想でした。
空の特攻隊のパイロットは一器械に過ぎぬと一友人がいった事も確かです。操縦桿をとる器械、人格もなく感情もなくもちろん理性もなく、ただ敵の空母艦に向かって吸いつく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬものです。理性をもって考えたなら実に考えられぬ事で、強いて考うれば彼らがいうごとく自殺者とでもいいましょうか。精神の国、日本においてのみ見られる事だと思います。一器械である吾人は何もいう権利はありませんが、ただ願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を国民の方々にお願いするのみです。
こんな精神状態で征ったなら、もちろん死んでも何にもならないかも知れません。ゆえに最初に述べたごとく、特別攻撃隊に選ばれた事を光栄に思っている次第です。
飛行機に乗れば器械に過ぎぬのですけれど、いったん下りればやはり人間ですから、そこには感情もあり、熱情も動きます。愛する恋人に死なれた時、自分も一緒に精神的には死んでおりました。天国に待ちある人、天国において彼女と会えると思うと、死は天国に行く途中でしかありませんから何でもありません。
明日は出撃です。過激にわたり、もちろん発表すべき事ではありませんでしたが、偽らぬ心境は以上述べたごとくです。何も系統立てず思ったままを雑然と並べた事を許して下さい。明日は自由主義者が一人この世から去って行きます。彼の後姿は淋しいですが、心中満足で一杯です。
言いたい事を言いたいだけ言いました。無礼をお許し下さい。ではこの辺で



参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/上原良司

[ 2017年06月20日 15:45 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(67)

「村に日本軍人の名前がついたぞ!」日露戦争に日本が勝った時の西洋の反応を語るスレ



Assaut-Kin-Tchéou



海外掲示板にて、日露戦争での日本の勝利に対する西洋の国々の反応についての質問スレが立てられ、多くのコメントを集めていたので、翻訳してみました。

そのスレがこちら


元スレ 海外掲示板
「日露戦争で日本が勝った時、西洋の国々はどんな反応だったの?」
https://www.reddit.com/r/history/comments/6eu0kw/how_did_western_nations_react_when_japan_defeated/




スレ主

自分で調べた限りでは、かなりの驚きを持って受け止められたようだけど、
日本という新たな大国に対する政策が決まったとか、人々の日本に対する認識が変わったとか、そういうことを聞いてみたい。

[ 2017年06月03日 21:25 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(34)

「広島や長崎よりも・・」終戦後の東京の街の姿に衝撃 海外の反応



B-29_in_flight.jpg



1945年の大東亜戦争(太平洋戦争)終戦直後に撮影されたと見られる、東京の写真が海外掲示板にて話題になっていたのでご紹介です。

焼夷弾を用いた日本の都市への空爆も民間人に大きな被害を出しましたが、原爆の陰に隠れてあまり語られていないこともあり、その衝撃的な光景が外国人の注目を集めていたようです。



元スレ 海外掲示板
「1945年9月10日、空襲後の東京居住区の航空写真」
https://www.reddit.com/r/HistoryPorn/comments/6e753s/aerail_view_of_residential_district_in_tokyo/



[ 2017年05月31日 23:57 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(128)

「あのロシアが負けたのか・・」日露戦争の戦況の変化を示した動画に対する海外の反応



7467483d-s.jpg



過去の戦争などの日々の戦況の変化をアニメーションで分かりやすく表現してくれる「EmperorTigerstar」というユーチューブ・チャンネルにて、南下政策を進めるロシアと、その動きを食い止めたい日本との間で、朝鮮半島と満洲南部を主戦場として起きた日露戦争が取り上げられていました。
極東の島国日本が大国ロシアに勝ち、世界に衝撃を与えたこの戦いに海外からコメントが集まっていたので一部翻訳してみました。

動画がこちら

https://www.youtube.com/watch?v=N7F9_t4eRjE



日露戦争(1904年(明治37年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月5日)は、大日本帝国とロシア帝国との間で朝鮮半島とロシア主権下の満洲南部と、日本海を主戦場として発生した戦争である。両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和した。
講和の結果、ロシア領の南樺太は日本領となり樺太庁が設置され、ロシアの租借地があった関東州については日本が租借権を得て、関東都督府が設置された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日露戦争


[ 2017年05月13日 15:11 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(126)

外国人「日本軍の捕虜収容所から解放されたイギリス人達を見てみよう・・」

Surrender_Singapore.jpg



元スレ 海外掲示板
「スマトラにあった日本の捕虜収容所から解放されたイギリス人兵士が
連合軍の救急車に腰掛けて、アメリカの原爆投下のニュースについて話している様子。
(シンガポール 1945年8月)」

http://imgur.com/gallery/Gzrty



[ 2017年04月10日 22:11 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(119)

外国人「硫黄島での激戦のさなか、日本兵とアメリカ兵がふれあう貴重な写真」

Pre-invasion_bombardment_of_Iwo_Jima.jpg



太平洋戦争(大東亜戦争)末期の硫黄島の戦いにおける、貴重な写真が海外掲示板にて注目を集めていたのでご紹介です。



元スレ 海外掲示板
「1945年、硫黄島にて日本兵にタバコを与える海兵隊。日本兵は2日近く穴に埋もれ死んだふりをしていた」
https://www.reddit.com/r/OldSchoolCool/comments/5ztprr/marine_giving_a_japanese_soldier_a_cigarette/



[ 2017年03月17日 21:40 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(98)

「これが実際に起きたなんて・・」広島への原爆投下前後の写真に衝撃 海外の反応

230px-Atombombe_Little_Boy_2.jpg



元スレ 海外掲示板(歴史写真板)

「広島への原爆投下ビフォーアフター」


https://www.reddit.com/r/HistoryPorn/comments/5qgbuc/hiroshima_before_and_after_the_atomic_bombing/?utm_content=comments&utm_medium=hot&utm_source=reddit&utm_name=frontpage


[ 2017年01月28日 13:34 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(137)

「これこそが英雄だ・・」二千人の台湾人部下の命を守った日本人の逸話を知った外国人の反応

auto-MsVLJp.jpg


今回は、第二次世界大戦時にフィリピン・マニラで台湾人日本兵を率いた、廣枝音右衛門氏の話が海外掲示板で取り上げられていたのでご紹介です。

台湾で警察官を務めた廣枝氏は、戦線拡大に伴い台湾で結成された二千名におよぶ海軍巡査隊の総指揮官となり、物資の運搬、補給などの後方支援の任務でフィリピンのマニラに向かいました。
そこでの米軍との戦闘で、情況が悪化、フィリピン派遣軍司令部から巡査隊に棒地雷が支給され、「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」との命令が下ります。
その時廣枝氏は、二千名の部下の命を守る為、その指示には従いませんでした。そして部下の安全を確保するため米軍とひそかに交渉を行いました。その後、自らは責任を取って自決。台湾青年ら二千名らを生きて故郷の台湾に帰還することが出来たというお話です。


詳しくはこちら

昭和17年5月、広枝音右衛門は、警部に昇進し、新竹州竹南の郡政主任として勤務します。
そしてここで、大東亜戦争の戦線拡大にともなって台湾で結成された総勢二千名におよぶ海軍巡査隊・総指揮官を拝命します。海軍巡査隊は、昭和18年12月8日、高雄港から特務艦「武昌丸」に乗り込んで、フィリピンのマニラに向かいました。

マニラでは厳しい訓練の日々が続きます。
音右衛門は、隊長として、常に部下の先頭に立厳しい訓練を率先して受け、部下たちひとりひとりを励まし続けました。
そんな廣枝隊長を部下たちは、とても慕った。
巡査隊の任務は、物資の運搬、補給などの後方支援です。
戦況は刻々と悪化し、ついに昭和20年2月、マニラ市近郊に米軍が上陸してきます。
米軍と戦闘すること3週間、ついに弾薬も尽き、玉砕やむなしの情況となります。
海軍巡査隊にも、フィリピン派遣軍司令部から棒地雷が支給され、

「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」

との総攻撃命令が出されます。
音右衛門にも家族がいます。
台湾には、妻と3人の子供たちがいる。

音右衛門は苦慮したうえで、巡査隊の小隊長を務めていた劉維添(りゅういてん)を伴って、米軍にひそかに交渉を行います。
そして二千人の部下たちを前に、こう言った。

諸君。
諸君らは、よく国のために戦ってきてくれた。
しかし、今ここで軍の命令通り犬死することはない。
祖国台湾には、諸君らの帰りを心から願っている家族が待っているのだ。
私は日本人だ。
だから責任はすべて私がとる。
全員、米軍の捕虜になろうとも生きて帰ってくれ」

二千人の部下たちは、一同、言葉もなくすすり泣きます。
音右衛門の気持ちが痛いほどわかったのです。

音右衛門は、部下たちへの訓示のあと、ひとりで壕に入ります。
そして、拳銃をみずからの頭に向けると、頭部2発撃ち、自決した。
昭和20年2月23日午後3時頃のことです。広枝音右衛門、享年40才。

音右衛門の決断によって、海軍巡査隊の台湾青年ら二千名は、生きて故郷の台湾に帰還することができました。
このときの恩を忘れない台湾巡査隊の面々は、戦後、台湾新竹州警友会をつくり、台湾仏教の聖地である獅子頭山にある権化堂に、広枝音右衛門隊長をお祀りします。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-747.html



廣枝音右衛門

コメント元
https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/50htlk/til_that_a_japanese_officer_in_ww2_killed_himself/?limit=500



[ 2016年09月05日 21:06 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(174)

外国人が撮影した100年前の日本の街並み→外国人「なんて美しい時代だ・・」

13241414_10154964256439466_4554624157693268667_n.jpg



ドイツ人写真家のArnold Gentheが撮影した1908年(明治41年)の日本の街並みの写真が海外サイトで注目を集めていたのでご紹介です。

その写真がこちら


13254361_10154964256349466_684594805168426675_n.jpg

13254588_10154964256444466_7361333312596871292_n.jpg

13266068_10154964256549466_261180817570182730_n.jpg


[ 2016年05月21日 00:47 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(76)


サイト内検索
SNS

人気記事
Rakuten
旧ブログ
旧ブログ:翻訳したらこうなった http://honyakusitem.blogspot.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージ
応援おねがいします^^
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ