FC2ブログ
【海外の反応】翻訳したらこうなった+ TOP  >  漫画・アニメ >  漫画「進撃の巨人」が完結へ、海外の盛り上がりも凄いことに

漫画「進撃の巨人」が完結へ、海外の盛り上がりも凄いことに



100000411980001.jpg



漫画「進撃の巨人」が4月9日発売の「別冊少年マガジン」で完結します。アメリカでは#aot139spoilers(進撃の巨人139話ネタバレ)がツイッタートレンド入りするなど、この最終話に向けて、海外でも大きな盛り上がりを見せているので、最終話を待つファンの反応を翻訳してみました。(ネタバレなし)


漫画「進撃の巨人」9日完結 村上春樹作品に通じる「普遍性」

世界で人気を博している諫山創(いさやま・はじめ)さんの漫画「進撃の巨人」(講談社)が、9日発売の「別冊少年マガジン」で完結する。累計発行部数は1億部を超え、ハリウッド映画化も進行中。面白さと普遍性を兼ね備えた物語がどう幕を下ろすのかが注目されている。「読み終わった後、『もう一度最初から読み返したらどんな気持ちになるんだろう』とワクワクする。そんな最終回だと思います」。担当編集者の川窪慎太郎さん(38)はこう語る。 
https://www.sankei.com/premium/news/210405/prm2104050001-n1.html




元スレ 海外掲示板
https://www.reddit.com/r/ShingekiNoKyojin/comments/ml81c5/one_final_time_boys_and_girls_its_been_an_honor/
https://www.reddit.com/r/ShingekiNoKyojin/comments/mkylrq/4_days_comrades_4_days/







Anonymous

aot139spoilers(進撃の巨人139ネタバレ)がアメリカでツイッタートレンド入り

6gwjg8dxyir61.jpg



Anonymous

これインドでもトレンドになってる。。



Anonymous

このハッシュタグは世界中でトレンドになってる。
だれかが、自分のタイムラインに流さないようにミュートにしないと



Anonymous

ネタバレするやつをやつけろ!



Anonymous

アニメ派だから進撃の巨人関連の板からはしばらく離れる。



Anonymous

その方がいいね



Anonymous

ユーチューブもやめた方がいいよ。
たぶん凄いことになる



Anonymous

このスレでネタバレされるんじゃないかとドキドキする。。



Anonymous

心配するな。毎度のことだから大丈夫。
今回は最終話だから凄いことになっているけど。。




Anonymous

ツイッターは最終話が出るまで避けてる



Anonymous

最終話を読むまでSNSから離れるよ。。



Anonymous

みんなあと4日だ。4日。。

wz203y422gr61.jpg



Anonymous

あと4日で安らかに眠れるな



Anonymous

同意



Anonymous

4日?明日だと思ってたぞ。



Anonymous

オフィシャルリリースは9日だよ。
リークすることがあるけどね



Anonymous

漫画が印刷されたらリークする可能性がある。
それがたぶんそろそろだ



Anonymous

リークさせることでどんな良いことがあるのかわからない。
リークさせる奴は捕まることとか考えないの?



Anonymous

たぶん漫画を梱包したり、運搬している奴がやっているんだろう。
それを何も気にせずリークする奴に売ってるんだと思う。



Anonymous

捕まった奴いるよ。



Anonymous

発売日が歯医者に行く予定だから、コミュニティーにすぐ参加できないのが悲しい。。



Anonymous

これで本当に終わりなの?



Anonymous

YES



Anonymous

漫画を読み始めたところだから、最後のエピソードが出る前には読み終えたい。
最終話をネタバレされないようにね。



Anonymous

しばらくはネットを離れた方がいいぞ。
特に新しいチャプターが出た時は



Anonymous

その日が来たら、進撃の巨人で溢れているだろうからね。



Anonymous

ミストみたいにな終わりなのかなぁ?



Anonymous

どんな結末になるんだろう・・・





【あわせて読む】




【関連記事】
【AMAZON】

米中“文明の衝突” 崖っ淵に立つ日本の決断

日本経済再起動

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか ー日中韓 熾烈なイメージ戦

【最新記事】

[ 2021年04月06日 22:42 ] カテゴリ:漫画・アニメ | TB(-) | CM(20)


世界屈指の漫画家と反日エロキムチレイシスト作家並べんな
[ 2021/04/06 23:39 ] [ 編集 ]
進撃の巨人はちょっと狭い範囲で盛り上がってるだけで世界的に見たら大したことないよ
海外の奴らってバカだからアニメだったら内容がよく分からなくても見るし
[ 2021/04/06 23:55 ] [ 編集 ]
グギギ悔しいニダ
[ 2021/04/06 23:58 ] [ 編集 ]
進撃は米parrot analytics社の調査で1月末~2月頭の間、米国で最も需要のある番組だった。
進撃の巨人54話は、テレビドラマ全般を対象としたIMDBのランキングで1位をだったゲーム・オブ・スローンズを超えて満点を獲得している。

『ちょっと狭い範囲で盛り上がっているだけ』は言い過ぎだよ。
[ 2021/04/07 00:04 ] [ 編集 ]
盛り上がってる割には海外で原作漫画が売れてない件
ヒロアカよりだいぶ下だけど
[ 2021/04/07 01:03 ] [ 編集 ]
漫画はストーリーは一流だと思うけど画に癖が強すぎて手が出しにくいな
[ 2021/04/07 06:10 ] [ 編集 ]
アニメが村田版のワンパンマンだとすると原作漫画はONE版のワンパンマンみたいな感じだから
[ 2021/04/07 06:13 ] [ 編集 ]
海外生活してる日本人なら、漫画アニメや進撃の巨人の人気度合いのすごさがわかるよ。
そこまでいかなくてもyoutubeちょっと見ればわかるでしょ。
『ちょっと狭い範囲で盛り上がっているだけ』なんて情弱か、わざと。
なんでわざとそんなこというのかは疑問だけど。

[ 2021/04/07 06:17 ] [ 編集 ]
完結したら大人買いしてコレクション。
[ 2021/04/07 07:04 ] [ 編集 ]
もうミストは許してやれよ
[ 2021/04/07 08:42 ] [ 編集 ]
おれミスト大好きなんだけど
サイドストーリーとか想像するとワクワクする。ラストの子供助けれた母ちゃんとか
[ 2021/04/07 11:54 ] [ 編集 ]
2chでもこの手の話題に必死になって持ち出してくるのがぼくヒデなのがお里知れるんだよなあ・・・
鬼の方だと海外云々だとマウント取れないもんなあ?社員さん
[ 2021/04/07 16:40 ] [ 編集 ]
進撃の巨人のyoutubeの反応とかただのステマだろ
人気があるとか言うなら海外で大きく報道されてからにしてくれ
じゃないと日本でワニが人気!てのと一緒のレベルだから
[ 2021/04/07 18:08 ] [ 編集 ]
何としてでも売れてないことにしたい奴が必死にコメントしてて草
[ 2021/04/07 22:00 ] [ 編集 ]
「報道されてからにしてくれ」
なんで報道が基準なんだよw
NETFLIXでも中の人が日本のアニメの人気はもう海外の人気ドラマを超える(匹敵する)っていってるぞ
悔しいのかもしれないが、事実は受け入れような
[ 2021/04/07 22:09 ] [ 編集 ]
長い旅が明日で終わる感じ、最終回は満足感と寂しさが同居している
諌山先生、スタッフの皆様、お疲れさまでした
[ 2021/04/08 01:03 ] [ 編集 ]
原作読んでないから漫画界全体で見たときにこの作品がどの位置にいて
どういう評価を得る事になるかは明言できないけど
アニメの方はエポックメイキングになったと思う、他の作品群とは一線を画してた
[ 2021/04/08 12:37 ] [ 編集 ]
読むの途中で止まってるから一気読みするかな
[ 2021/04/08 23:05 ] [ 編集 ]
まだカンケツしてなかったのかよw
[ 2021/04/09 18:37 ] [ 編集 ]
盛り上がってる割には海外で原作漫画が売れてない件

ガイジン泥棒しかいないからな

実際いま海賊版みて文句いうとんやしカスしかおらんで。
ガイジン南蛮人みたら犯罪者やおもとけ。
黒人なら粗暴犯。

つまりガイジンとは犯罪者予備軍=犯罪を起こす恐れのある者たち=虞犯人物


海外の反応やらあれらの思考回路の異常さをさんざみせつけられてきたはず
[ 2021/04/09 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索
PR
過去記事
サブブログ
翻訳したらこうなった Sub http://honyakusitem.blogspot.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

応援おねがいします^^
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
注目記事
PR