【海外の反応】翻訳したらこうなった+ TOP  >  歴史 >  「これこそが英雄だ・・」二千人の台湾人部下の命を守った日本人の逸話を知った外国人の反応




「これこそが英雄だ・・」二千人の台湾人部下の命を守った日本人の逸話を知った外国人の反応

auto-MsVLJp.jpg


今回は、第二次世界大戦時にフィリピン・マニラで台湾人日本兵を率いた、廣枝音右衛門氏の話が海外掲示板で取り上げられていたのでご紹介です。

台湾で警察官を務めた廣枝氏は、戦線拡大に伴い台湾で結成された二千名におよぶ海軍巡査隊の総指揮官となり、物資の運搬、補給などの後方支援の任務でフィリピンのマニラに向かいました。
そこでの米軍との戦闘で、情況が悪化、フィリピン派遣軍司令部から巡査隊に棒地雷が支給され、「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」との命令が下ります。
その時廣枝氏は、二千名の部下の命を守る為、その指示には従いませんでした。そして部下の安全を確保するため米軍とひそかに交渉を行いました。その後、自らは責任を取って自決。台湾青年ら二千名らを生きて故郷の台湾に帰還することが出来たというお話です。


詳しくはこちら

昭和17年5月、広枝音右衛門は、警部に昇進し、新竹州竹南の郡政主任として勤務します。
そしてここで、大東亜戦争の戦線拡大にともなって台湾で結成された総勢二千名におよぶ海軍巡査隊・総指揮官を拝命します。海軍巡査隊は、昭和18年12月8日、高雄港から特務艦「武昌丸」に乗り込んで、フィリピンのマニラに向かいました。

マニラでは厳しい訓練の日々が続きます。
音右衛門は、隊長として、常に部下の先頭に立厳しい訓練を率先して受け、部下たちひとりひとりを励まし続けました。
そんな廣枝隊長を部下たちは、とても慕った。
巡査隊の任務は、物資の運搬、補給などの後方支援です。
戦況は刻々と悪化し、ついに昭和20年2月、マニラ市近郊に米軍が上陸してきます。
米軍と戦闘すること3週間、ついに弾薬も尽き、玉砕やむなしの情況となります。
海軍巡査隊にも、フィリピン派遣軍司令部から棒地雷が支給され、

「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」

との総攻撃命令が出されます。
音右衛門にも家族がいます。
台湾には、妻と3人の子供たちがいる。

音右衛門は苦慮したうえで、巡査隊の小隊長を務めていた劉維添(りゅういてん)を伴って、米軍にひそかに交渉を行います。
そして二千人の部下たちを前に、こう言った。

諸君。
諸君らは、よく国のために戦ってきてくれた。
しかし、今ここで軍の命令通り犬死することはない。
祖国台湾には、諸君らの帰りを心から願っている家族が待っているのだ。
私は日本人だ。
だから責任はすべて私がとる。
全員、米軍の捕虜になろうとも生きて帰ってくれ」

二千人の部下たちは、一同、言葉もなくすすり泣きます。
音右衛門の気持ちが痛いほどわかったのです。

音右衛門は、部下たちへの訓示のあと、ひとりで壕に入ります。
そして、拳銃をみずからの頭に向けると、頭部2発撃ち、自決した。
昭和20年2月23日午後3時頃のことです。広枝音右衛門、享年40才。

音右衛門の決断によって、海軍巡査隊の台湾青年ら二千名は、生きて故郷の台湾に帰還することができました。
このときの恩を忘れない台湾巡査隊の面々は、戦後、台湾新竹州警友会をつくり、台湾仏教の聖地である獅子頭山にある権化堂に、広枝音右衛門隊長をお祀りします。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-747.html



廣枝音右衛門

コメント元
https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/50htlk/til_that_a_japanese_officer_in_ww2_killed_himself/?limit=500




以下は外国人の反応



Anonymousさん

なんて男だ。。



Anonymousさん

凄い話だね。こんな話を教えてくれてありがとう。



Anonymousさん

こんな良い警察官を見つけるのは難しいな。。



Anonymousさん

なんという男なんだろう。神のご加護を。



Anonymousさん

学校では日本が台湾や中国にした恐ろしい事の話ばかり聞いてきたから、この話には驚いたよ。
こんな話を知れて良かった、人間性というものをより信じられるようになったよ。
今度台湾に行ったら彼の神社を訪れてみる。


Anonymousさん

日本が台湾に何をやったって言うんだ?中国人や国民党の方が断然酷い。
台湾はそれぞれから侵略されているということを忘れてはいけない。
中国人は違うことを言うだろうけど、すべてを一緒にしてはいけない。


Anonymousさん

物語はだいたい情報が選別されているからな



Anonymousさん

天皇のために、何人の日本人が命を捨てたかを考えると凄いね。


Anonymousさん

命を捨てたというのは俺らの価値観での話。日本の価値観とは違う。



Anonymousさん


これこそが英雄だ。


Anonymousさん

そのとおりだけど、自害するのは最低の行為だと思う。
彼の侮辱はしたくないけど、自害は違うと思うな。



Anonymousさん


彼のやったことはとても高潔な行為だと思うけど、なんで彼はアメリカ軍に降伏しなかったんだろ?
軍が彼の家族を殺すかもしれないから?


Anonymousさん

不名誉な行動を償うためだろうね。



Anonymousさん

家族の面目を保つためだろう。

Anonymousさん


その通り。彼はこの行為は家族の恥となると思ったんだろう。


Anonymousさん


でも現実には彼の家族や友人は、悲しいかな彼のことを良く思わないんじゃないな。

Anonymousさん


いや、彼の周りの人も彼と考え方は似ているだろうから、絶対に彼の行動を認めると思う。



Anonymousさん

台湾にとっては英雄になれるかもしれないが、日本にとっては裏切り者になる。
日本人として、その罪を償わないといけないと思ったんだろうね。



Anonymousさん

彼は軍の支持に従わず、更に米軍と交渉して部下の安全を確保した。
自己犠牲や自分をリスクにさらしても仲間を助けるといった戦争の心温まる逸話は、人間の価値を示してくれる。



Anonymousさん

美しい話だね。日本人は中国と台湾が嫌いだと思ってたよ。


Anonymousさん

日本は台湾の発展を助けているし、台湾人の多くは日本人と良い関係性を持っている。
台湾の漢民族の祖父母は国民党よりも日本の方が好きだったよ。



Anonymousさん

それは完全に間違えているよ。台湾も日本は逆に同じ反中で良い関係だよ



Anonymousさん

日本は台湾と中国を同一視していないよ。



Anonymousさん


その攻撃を神風と呼ぶのはあってるの?


Anonymousさん

自爆するという意味では合ってるけど、神風は戦闘機に爆弾を積んでやることを言う。



Anonymousさん

戦争は人間にとって最悪の出来事だけど、この話は人間の素晴らしさを証明しているね。



Anonymousさん

これこそが武士道だね。彼は置かれた状況において、最も名誉ある行為を選択した。それが死という選択だったとしてもね。






あわせて読む?
 「アメリカでも売ってくれ!」日本の英語学習本が面白すぎると外国人絶賛
 外国人「事故って放置されたトヨタ車が、数日後とんでもないことになってたw」
 「日本の傑作のリメイクのリメイク⁉︎」ハリウッド作品”新”荒野の七人の海外の反応
 外国人「日本に対して不満を言ってる人がいるけど、実際行ってみたら全然問題なかった件」


”人気ブログランキング” 応援宜しくお願いしますm(_ _)m

【海外の反応人気記事】

海外「本当に興味深い民族だ」 自国の為に戦う意思がない日本人に海外から様々な声

米CNN「慰安婦最大20万人」報道(海外の反応)

韓国人「韓国、中国、米国、日本の政治家たちの若い頃を見てみよう」→「これは日本の圧勝」

意外コトに感動!?東京旅行を終えたイギリス人が挙げた日本のココが良かった点に海外興味津々(海外反応)

米CNN「慰安婦最大20万人」報道(海外の反応)

海外「日本人の責任じゃない」 米紙『日本人はなぜ米国の車を買わないのだろうか』

【AMAZON】

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由

ハーバードでいちばん人気の国・日本

[ブログのトップページへ]



[ 2016年09月05日 21:06 ] カテゴリ:歴史 | TB(-) | CM(174)


自己犠牲は、必ずしも賛同は得られないが、敬意を払われるべき行為である。
[ 2016/09/05 21:23 ] [ 編集 ]
当時の日本では、捕虜になって帰った者はスパイ扱いされたり売国奴扱いされて
インパールでは帰るに帰れない日本人捕虜たちがヤケになって情報をペラペラ話したという

良いところもあったんだろうけど村社会の影の側面の一つだね
[ 2016/09/05 21:34 ] [ 編集 ]
(-人-)安らかにお眠り下さい・・・
[ 2016/09/05 21:34 ] [ 編集 ]
何故自決したのかは日本人じゃないと分からないのかも知れないと思った。
[ 2016/09/05 21:34 ] [ 編集 ]
部下は救う、軍に対しては命令違反の責任をとる。
筋を通した、ただそれだけのことだ。
[ 2016/09/05 21:35 ] [ 編集 ]
自決は残念な結果だけどその魂は間違いなく高潔だったといえるね
[ 2016/09/05 21:35 ] [ 編集 ]
他国に押し込んで、そこの国の人々を兵士に仕立てて、厳しい訓練を課して巻き添えにして、って本当に酷い話だけど…。
だけど敗戦の前後に「おまえらは日本人じゃないからもうつきあわなくていい」「自分の国のために頑張れ」って押し戻す逸話は本当に多いよね。
突撃死とか自決とかいうのは、どこまでも日本人にしかわからない感性だと思う。
現代人でも受け継いでるよね。
[ 2016/09/05 21:40 ] [ 編集 ]
自決を理解できないならせめて黙ってろよと
否定される筋合いはないのよ…
[ 2016/09/05 21:41 ] [ 編集 ]
理解できないにしても口を挟まずにいられないのは多分カトリックの人じゃないかな
[ 2016/09/05 21:51 ] [ 編集 ]
うーん
美談だけど、なんか引っかかるような気が…
何だろう、分からん

スレのコメントがイラっとする内容じゃなくてよかった
[ 2016/09/05 21:53 ] [ 編集 ]
日本人らしいわ。
別に外人に理解されなくてもいい。

部下の命と引き換えに敵と交渉したんで国へのけじめとして自決したんでしょ。
人命を尊びながらも己は筋を通して自決する。
昭和の軍人には侍らしさが残ってるよね。
[ 2016/09/05 21:57 ] [ 編集 ]
棒地雷なんぞ支給された日にゃ、日本オワタと思うもんなぁ・・・
しかも戦車に届く前に、機銃で無駄になぎ払われるのが目に見えてる
普通なら一緒に投降するところだろうが、残された妻と子供が肩身の狭い思いをしない様、軍命には背いても日本への忠誠心は命を以て証明せなあかんかったんやろなぁ・・・
[ 2016/09/05 21:57 ] [ 編集 ]
帰国した台湾の人たちは裁かれなかったんだよね。そっちが気になる
[ 2016/09/05 22:00 ] [ 編集 ]
 
自分の命を懸けて自分の理想とする生き方をするって俺に出来るかな・・・。
今の俺じゃ無理だな。
[ 2016/09/05 22:00 ] [ 編集 ]
自決について理解が無いのは仕方ない、解釈はそれぞれだ
日本人として、この時代を精一杯生きた人の話は忘れないでおこうと思う
[ 2016/09/05 22:01 ] [ 編集 ]
なんか外人みたいな顔をしてるね
[ 2016/09/05 22:06 ] [ 編集 ]
すまんが台湾に帰っても統治者がかわって
日本のために戦った連中は国民党政府から見れば売国奴扱いなんだ
[ 2016/09/05 22:08 ] [ 編集 ]
当時の情勢で最善の策を取った方を、後の世の能天気な人間が簡単に断じる。
日本人らしく行動し、日本人らしく責任を取った廣枝氏。
この逸話は初めて知りましたが、氏のご冥福をお祈りします。
[ 2016/09/05 22:09 ] [ 編集 ]
キリスト教は自殺NGでも日本はそうじゃない
今でも別に個人の自由だと思う
生き延びるか死ぬかどちらが正しいと決められることではない
[ 2016/09/05 22:09 ] [ 編集 ]
高潔な人であるのは間違いない
[ 2016/09/05 22:12 ] [ 編集 ]
>当時の情勢で最善の策を取った方を、後の世の能天気な人間が簡単に断じる。
日本人らしく行動し、日本人らしく責任を取った

貴方も断じてるがな、彼の行動は総て彼の中にある、外の人間があれこれ解釈する事ではない
[ 2016/09/05 22:15 ] [ 編集 ]
>拳銃をみずからの頭に向けると、頭部2発撃ち、自決した。
引き金を一回引くことで二発発射する拳銃だったのだろうか。
二回も引き金を引くようなことができるのだろうか。
[ 2016/09/05 22:21 ] [ 編集 ]
きっと日本人にしかわからない。
[ 2016/09/05 22:23 ] [ 編集 ]
こういうの授業でやれよ。
俺の世代では、明治から戦後までがあっという間に終わったわ。
[ 2016/09/05 22:24 ] [ 編集 ]
南洋の戦闘では
米軍は足手纏いになるので捕虜はとらない処分してた
日中戦争では捕虜になった日本兵にもっと酷いことがやられた
「生きて虜囚の辱めを受けず」の意味が捕虜になるより死を選べみたいに曲解されてる
[ 2016/09/05 22:31 ] [ 編集 ]
地雷を持って自爆しろなんてとんでもない。イスラム過激派と変わらん。
沖縄では実際にやったんだろう。
名分のない無能な判断が戦後のこの国の軍への信頼を失わせた。
廣枝氏は素晴らしいが、日本としてこういう人への評価はなされていない。
東京裁判が茶番というなら自分たち自身で総括すべきだ。
[ 2016/09/05 22:34 ] [ 編集 ]
何を言っているんだ。
アメリカ先住民の少年だって
母や妹が僅かな逃げる時間を稼ぐ為に、
銃武装した白人に特攻していったんだよ。

日本人も本土で家族が疎開する時間を作る為に降伏せずに特攻してくれたんだよ。
侵略者には分からないか。
まあこの士官はこの自爆作戦が有効ではなく無駄死にだと考えたのかな?

しかし当時神風攻撃も無駄死にだと当時考える人間もいたが、
実際はすげー有効だったからな。
[ 2016/09/05 22:38 ] [ 編集 ]
現在の価値観と当時の価値観は違うから、自決に対して違和感を感じる人もいると思う。

だけれど、戦局の趨勢を見極め、大本営の軍令を無視して敵国に通じ、
2000名の将兵の命を贖う代償として、自らの命を絶つ行為は、
英傑な軍人らしい最後だと思う。

彼の苦悩は凡人には推し量れない。
高潔な魂よ、安らかに。
[ 2016/09/05 22:38 ] [ 編集 ]
美談みたいに言ってるが軍令違反だろ
軍事裁判にかかれば死刑は免れない
自ら判決を下し自決
[ 2016/09/05 22:39 ] [ 編集 ]
ペリリュー島でも日本の戦争に巻き込まないと島民を逃がしたね。
[ 2016/09/05 22:43 ] [ 編集 ]
痛々しいアホコメ多い。
昔の価値観を今の価値観で斬ることが愚かと知れ。
[ 2016/09/05 22:47 ] [ 編集 ]
いやいやここにいるお前ら棒地雷を支給するタイプの人間だからな
なぜか外人に文句言ってるけど
廣枝氏をお前らと一緒にするなよ
[ 2016/09/05 22:48 ] [ 編集 ]
ウェッブ(東京裁判裁判長・オーストラリア人)
アメリカもイギリスも日本が1941年におかれたような状況に置かれれば、戦争に訴えていたかもしれないのである」
ハーバート・フーバー(アメリカ・元大統領)
「もしわれわれが日本人を挑発しなかったならば決して日本人から攻撃を受けるようなことはなかったであろう」
エドウィン・O・ライシャワー(元・駐日アメリカ大使)
「軍事法廷はかく裁いた。だが歴史は、それとは異なる裁きを下すだろうことは明らかである」
プライス(アメリカ陸軍法務官)
東京裁判は、日本が侵略戦争をやったことを懲罰する裁判だが、無意味に帰するからやめたらよかろう。なぜならそれを訴追する原告アメリカが、明らかに責任があるからである。
ジョージ・ケナン(国務省政策企画部初代部長)
勝利者が敗戦国の指導者を個人的に制裁する権利がないというのではない。しかし、そういう制裁は戦争行為の一部としてなされるべきであり、正義とは関係ない。またそういう制裁をいかさまな法手続きで装飾すべきではない」
[ 2016/09/05 22:48 ] [ 編集 ]
特攻を良しとしなかった話なのに特攻賛美する奴がいてビビるわ
ここのやつが指揮官なら台湾人巻き込んで特攻するんだろうな
戦争を正当化するバカが多すぎる
[ 2016/09/05 22:54 ] [ 編集 ]
レーリング(東京裁判のオランダ人判事)
「われわれは日本にいる間中、東京や横浜をはじめとする都市に対する爆撃によって市民を大量に焼殺したことが、念頭から離れなかった。われわれは戦争法規を擁護するために裁判をしているはずだったのに、連合国が戦争法規を徹底的に踏みにじったことを、毎日見せつけられていたのだから、それはひどいものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。東條元首相が東京裁判は勝者による復警劇だといったのは、まさに正しかった」
「太平洋での戦争は人種差別が主因のひとつだった」
[ 2016/09/05 22:54 ] [ 編集 ]
>戦争を正当化するバカが多すぎる

戦争を仕掛けたのはアメリカなんだがw
真珠湾記念館(米公設)
Both hope to avoid war.「両国とも戦争避けようとし」
アメリカ第31代大統領フーバー
「私が、日本との戦争の全てが、戦争に入りたいという狂人(ルーズベルト)の欲望であったと述べたところ、マッカーサーも同意して」
ダグラス・マッカーサー
その供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。
GHQ参謀部長 C.ウィロビー
東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう
極東軍事裁判ローガン弁護人
最初から日本に20年間一貫した世界侵略の野心など全く無かった。私は断言できる。彼らは全員無罪だ。
ウェッブ(東京裁判裁判長)
アメリカもイギリスも日本が1941年におかれたような状況に置かれれば、戦争に訴えていたかもしれないのである」
プライス(アメリカ陸軍法務官)
東京裁判は、日本が侵略戦争をやったことを懲罰する裁判だが、無意味に帰するからやめたらよかろう。なぜならそれを訴追する原告アメリカが、明らかに責任があるからである
[ 2016/09/05 22:58 ] [ 編集 ]
ライフマガジン誌は1944年5月22日に、アリゾナで勤労動員されているアメリカ人女性が海軍将校のボーイフレンドからプレゼントされた「日本兵の頭蓋骨」トロフィーの横で手紙をしたためている画像を配信した。

こんな猟奇行為がアメリカでは普通に見られ容認されているのだから
文字通りの鬼畜米英。
ちなみにこのような猟奇行為は米先住民やベトナム人相手にも見られ人種差別の表れだった。
そりゃ特攻してでも一億総玉砕してでも戦うわな。
米先住民みたく皆ゴロしにされたくないし。
[ 2016/09/05 23:00 ] [ 編集 ]
物資の運搬、補給には台湾人部隊のほかに朝鮮人部隊があった

前線の日本兵に届けるはずの食糧にも手をつけ 届いた物資には日本兵の食糧が無い・・・朝鮮人部隊

前線の日本兵に届ける為の食糧には一切 手を付けず餓死者まで出したのが・・・誇り高き台湾人部隊
[ 2016/09/05 23:00 ] [ 編集 ]
凄え!戦争中に司令部の作戦を無視してもいいと考える国があるとはw
不名誉云々じゃなく責任感の有無だろ
俺なら自決する程の腹を決めてるなら家族宛の遺書を託して一人で特攻を仕掛けるかもな
[ 2016/09/05 23:01 ] [ 編集 ]
米上院議員ハミルトン・フイッシュ
『日米・開戦の悲劇』
「日本は、フイリッピンおよびその他のいかなる米国の領土に対しても、野心を有していなかった。しかしながら、ひとつの国家として、日本はその工業、商業航行および海軍のための石油なしに存立できなかった。非常な平和愛好家である首相の近衛公爵は、ワシントンかホノルルに来てもよいからルーズベルト大統領と会談したいと、繰り返し要望していた。彼は、戦争を避けるためには、米国側の条件に暫定協定の形で同意する意思があったが、ルーズベルトは、すでに対日戦、およびその帰結としての対独戦を行なうことを決意していたという理由で、日本首相との話し合いを拒否した」
フランクリン・ルーズベルト 英国王立公文書館の資料にあるチャーチル首相が大西洋上の軍艦でルーズベルト大統領と昭和十六年(1941年)八月十日と十一日におこなった大西洋憲章制定に関する秘密会談の一部より
「如何にしたら日本が先に、米国に攻撃を仕掛けるかを検討中である。」
[ 2016/09/05 23:03 ] [ 編集 ]
★調査団長ニッツ 昭和二十一年(1946年)七月にアメリカ大統領に提出された戦略爆撃調査団報告書
「日本の指導部が国家の存亡にかかわる利益の為にと固く信じて、戦争を始めたことは明らかである。これに対してアメリカは、単に自分達の経済的優位と主義主張を押しつけようとしたのであって、国家の存亡にかかわる安全保障のために戦ったのではないと、アメリカ人は信じていた」
★セオボルト米海軍小将
「まさしくハルノートは、日本を鉄棒で殴りつけた挑発であった。」
イギリス軍東南アジア総司令部司令官マウントバッテン大将(『ビルマ戦線の大逆襲』 ルイス・マウントバッテン著より)
歴史学の権威トインビーがいみじくも喝破したとおりである。すなわち『もし、日本について、神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』
★黒人運動の指導者デュボイス
「アメリカが日本人の権利を認めてさえいれば、戦争は起こらなかったはずだ」
[ 2016/09/05 23:04 ] [ 編集 ]
元米国司法長官ロバート・ケネディ(ジョン・F・ケネディの実弟)
キューバ危機時の国家安全保障会議執行委員会において、ケネディ弟がケネディ兄(大統領)に渡したメモより
「真珠湾奇襲を決断した時の、東条首相の気持ちがよく分かる」
英国、ディリー・メイル紙
「日本が戦争を始めた理由は、フィリピンを初めとする東洋へのアメリカの進出を、いかに日本が恐怖に感じたかを理解しなければ分からないだろう。また1941年(昭和十六年)に、アメリカが日本へのいっさいの石油資源の供給を絶った時の日本の感じた深刻さも無視することはできないであろう。そう考えてみれば、真珠湾攻撃を一方的に卑劣だと非難することはあたらない」
オリヴァー・リトルトン生産相(英保守党内閣)の証言(昭和十九年六月)
「米国が戦争に追込まれたというのは、歴史を歪曲するも甚だしい。米国が余りひどく日本を挑発したので日本は真珠湾攻撃の止むなきに至ったのだ」
[ 2016/09/05 23:05 ] [ 編集 ]
硫黄島でも水や食料などの補給のない中、最高70℃に達する灼熱の地下壕で
投降を禁止して最後の一人まで戦う事で
本土の子供たちが疎開する時間を稼いでくれた。
日清日露戦争だって特攻作戦の連続だった。
あの戦争で負けていたらアメリカ先住民や黒人奴隷のようになる可能性があったワケだからな。
G・シェフエー マレーシア外相 「日本以外の方は特攻隊員が洗脳されたり、狂信的なものと想像することでしょう。彼らの遺書を読めば狂信者とは程遠い存在であることが解ります。彼らが守りたかったのは母であり、妻であり、愛する家族だったのです。」
クリストファ・ソーン 歴史家 「日本にはファシストもヒトラーもナチスもムッソリーニも存在しなかった。ファシストの名にふさわしい東洋人を挙げるならばそれは蒋介石だ。」
[ 2016/09/05 23:14 ] [ 編集 ]
俺が今日パチスロで15万勝てたのも、ご先祖様達英霊のおかげであります!
[ 2016/09/05 23:16 ] [ 編集 ]
鬼畜米英とか言ってる奴居るけど廣枝さんはちゃんと米軍と交渉して
台湾人を帰還させた
ほんと馬鹿はこういうことが出来なくて特攻するんだな
自分の都合のいい情報しか頭に入らない奴はこの話を全然理解していない
[ 2016/09/05 23:17 ] [ 編集 ]
>>[ 2016/09/05 22:48 ] - [ 編集 ]

違うゾ
俺たちは支給される側やで
辻ーんみてえな糞エリートが渡す側なんだよなぁ
[ 2016/09/05 23:20 ] [ 編集 ]
>自分の都合のいい情報しか頭に入らない奴はこの話を全然理解していない

いやいやw都合のいい情報しかみていないのはお前じゃねえか。
強姦魔集団がゴムはめてくれたから悪い人ではないとw
[ 2016/09/05 23:26 ] [ 編集 ]
台湾はそのときは日本だったことを知らないのか?
日本の情報発信にも問題あるよな
一方的に中国と韓国の情報ばかりが真実として出回ってる
[ 2016/09/05 23:26 ] [ 編集 ]
>米軍と戦闘すること3週間、ついに弾薬も尽き、玉砕やむなしの情況となります。
海軍巡査隊にも、フィリピン派遣軍司令部から棒地雷が支給され、

「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」

との総攻撃命令が出されます。



命令したのは誰だ?
[ 2016/09/05 23:42 ] [ 編集 ]
 
>>地雷を持って自爆しろなんてとんでもない。イスラム過激派と変わらん。
沖縄では実際にやったんだろう。
名分のない無能な判断が戦後のこの国の軍への信頼を失わせた。

何言ってんだ?こいつ。
イスラム過激派がやってんのは無差別テロだって散々言ってるだろがタコ。
軍への信頼?
そんなもん反日左翼へ手のひら返しのマスコミが好き勝手報道したせいに決まってんだろ。
[ 2016/09/05 23:43 ] [ 編集 ]
馬鹿な日本人から2千人の台湾人の命を救った話なのに
鬼畜米英とか言って話すり替えてるバカがいるのには困る
だからおまえらは特攻命じる奴らと同類だっていってるんだよ
そして廣枝さんはお前らと違うってこと
[ 2016/09/05 23:43 ] [ 編集 ]
こんな人には生きて日本に帰ってほしかった
自決してほしくなかった
[ 2016/09/05 23:44 ] [ 編集 ]
馬鹿な日本人ほど鬼畜米英なんていうスローガンに騙される
それが今も昔もよく分かるコメント欄だったな
[ 2016/09/05 23:57 ] [ 編集 ]
日本人ならではの判断、決断なんだろうな、外人には理解出来ないと思う。しかし綺麗な顔してるな・・
[ 2016/09/06 00:05 ] [ 編集 ]
特攻命じる命じない、ってあほな事ほざいてる基地外が一匹混じってるが、特攻を考案した某将軍は特攻が「戦術の外道」というのははっきりと認識していた。
それしか道はないとも思ったんだろうなあ。

彼らの屍の上に築かれた、現代日本でヌクヌク暮らしながら、特攻は犬死wwwwとか命じたのはバカwwwとか平気で言えるような下種が「繁殖」しちゃった件だけは、日本人として先祖に謝罪したいわ。
[ 2016/09/06 00:05 ] [ 編集 ]
日本軍は兵士にキチンとした捕虜教育や戦時国際法を教えなかった。唯一戦陣訓で捕虜になるなといった。これが捕虜になったとき簡単に日本軍の情報を洗いざらい白状して増々戦況を不利にした。
最も最悪だったのはB29の大空襲に率先して乗り込み爆撃の案内人を務めた。この日本人捕虜たちは
一般兵士ではなくむしろ教育の高い大学専門学校卒の反日思想を持つ下級兵士、下士官だった。
また米軍も捕虜の中から彼らを選択、優遇し積極的に利用した。
[ 2016/09/06 00:06 ] [ 編集 ]
クズコメは要らんよ。

似非日本人。
[ 2016/09/06 00:13 ] [ 編集 ]
大東亜戦争までにに至る日本への数々の嫌がらせや、世界史上教科書に書いてある英国・米国のやらかしたこと一覧だけで「鬼畜米英」はまともな呼称だと思うがなw
[ 2016/09/06 00:14 ] [ 編集 ]
>自分の命を懸けて自分の理想とする生き方をするって俺に出来るかな・・・。
>今の俺じゃ無理だな。

うんだな。
理想像も命を賭すことも教育だっぺよ。
生き恥を晒すなと教育した頭が、アメリカの裁判で死刑となったA級戦犯だべ。
今年の終戦記念日で天皇陛下から「戦陣で散った」というお言葉があった。
天皇家から見放された靖国であるが、戦死した兵隊さんの魂は靖国へ帰ると約束した以上は、
天皇家も参拝して頂ける靖国にすべきだと思わないけ?
[ 2016/09/06 00:17 ] [ 編集 ]
廣枝さんは鬼畜米英なんて信じてなかったんだろうな
だからこそこういうことが出来た
特攻の話してんじゃなくて盲目的な愛国心の危険性を語ってんのに
理解できないんだな
[ 2016/09/06 00:19 ] [ 編集 ]
盲目的な愛国心ねえ。
そんなの持ってた日本の軍人さん、一人もいねーと思うわw
>廣枝さんは鬼畜米英なんて信じてなかったんだろうな
認識は持ってたと思うがな?
ただし、台湾人の部下たちなら「第三国」の人間として保護してもらえる、とは思っただろう。
日本の軍人で、アメリカ人の日本人捕虜への「暖かい対応()」知らなかった奴はいないだろw
死体の頭蓋骨を欲しがって、生首を鍋で煮て「スーベニア」として持ち帰るような残酷な真似は、日本人には出来ねーべ。
[ 2016/09/06 00:23 ] [ 編集 ]
鬼畜米英なんて一般大衆に対するスローガンであって
天皇陛下が本気で鬼畜米英とか思ってるとかあるわけない
[ 2016/09/06 00:24 ] [ 編集 ]
日本人捕虜への虐待なんてそもそも膨大な数のリポートが存在してるのに、どして「鬼畜米英は間違いだった!彼らは良い人々だった!」等言える脳みそ肥壷みたいなバカが存在してるのだろう。。。
勉強不足?
[ 2016/09/06 00:25 ] [ 編集 ]
海軍巡査隊て正規の軍人じゃなくて軍属なんだよなぁ
高砂義勇隊とかもそうだけど全員志願者だけど軍属に戦闘させちゃいかんだろと
[ 2016/09/06 00:26 ] [ 編集 ]
沖縄の人って、日本兵に自害するように強要されたと子供に教えているけど。
その日本兵って、当時の徴兵された沖縄県民なんだよね。
本土から行った司令官って、一人しかいないはず。
その人も、自らを犠牲にして沖縄県民を守ったけど。
沖縄では悪者になってるよね。
本当に現在の沖縄県民は日本人じゃないと思う。
[ 2016/09/06 00:28 ] [ 編集 ]
そりゃ、陛下は外国人のよいところ「だけ」を見ていらっしゃった方だからなあ。。。
日本から留学もされたけど、日本国皇太子であらせられた陛下に対し奉り、無礼な真似を働く外国人もいないだろうし。
松岡外相とかは、散々外国人(特に白)の嫌なところばかりを、そら何十年も見てきた人間だ。
認識は違ってくるのもむべなるかな。
[ 2016/09/06 00:32 ] [ 編集 ]
誰もいい人なんて言ってないだろ
鬼畜米英なんていうレベルで戦争を語るのはおかしいし
今回の話には関係ないんだから
もっと廣枝さんのことを語るべきだろ
[ 2016/09/06 00:38 ] [ 編集 ]
そのくせ廣枝さんのしたことを日本人だからと片付ける奴が多い
いやいやお前らと一緒にすんなよと言いたくなるだろ
[ 2016/09/06 00:52 ] [ 編集 ]
2千人に特攻を強要なんて命令、履行可能と思う軍人いるわけナイナイ。その架空の上官は脅し役に2万の兵隊を用意でもしてくれたのか?
[ 2016/09/06 01:00 ] [ 編集 ]
この違反行為によって日本国民が多くころされるかも知れない
だが部下をころす命令もできない
けじめとしては悪くない、悪いのはそこまで日本人を追い込んだ白人が仕組んだ戦争って事だなw
[ 2016/09/06 01:02 ] [ 編集 ]
まず前提状況だか、マニラ市街戦当時の米軍はマニラ市街に放火・無差別砲撃を行っていた
廣枝氏が居た(日本軍が籠城した)イントラロムス地区にも1万人以上のマニラ市民が居たが、無差別砲撃を行っていた

廣枝氏が渡された棒地雷とは、竹槍の先に爆薬を括り付けた対戦車兵器
無論使用者の生存は絶望的、正式な軍命令が無くとも渡された時点で自爆攻撃の命令に準ずる

マニラ市街戦での日本軍死者は1万数千人、米軍の無差別砲撃に巻き込まれたマニラ市民死者は10万人以上
[ 2016/09/06 01:02 ] [ 編集 ]
>マニラ市街戦での日本軍死者は1万数千人、米軍の無差別砲撃に巻き込まれたマニラ市民死者は10万人以上
まさに「鬼畜米英」だなw
人間として思うわ。
流れてる血は何色?って。
[ 2016/09/06 01:05 ] [ 編集 ]
以上の状況下で、第一に棒地雷を支給した上層部を全面的に批難する事は出来ない
相手は民間人も関係無く無差別に砲撃する米軍、降伏後にどんな扱いをされるか解らない
(無論、市街地に籠城した日本軍にも非があるだろうが)

第二に、廣枝氏の判断も博打だった
捕虜は戦時国際法で保護されるが、捕虜とするかどうかは現場責任者の判断次第
投降兵を捕虜にせず、そのまま処刑する事も考えられた

以上の事から、廣枝氏は「責任者が責任を取る」事で部下を守ろうとしたのだと思う
戦国時代、秀吉に攻められた備中高松城主・清水宗治が自刃を条件に部下を救った様に
[ 2016/09/06 01:17 ] [ 編集 ]
その反面言われるままに部下を犬死させた人間も多かった
火力の比較にならない相手に正面から玉砕突撃させたり
特攻させたりと
降伏するくらいなら死んだほうがマシだという猪がいたせいもあろうが
大半はこうやって抵抗すれば最悪負けることはないと思い込んでいたんだろう
海外通や上層部以外は相手の巨大さなんて理解もしてないのがほとんどだったろう
いや上層部の中ですらどれだけ理解してただろうか
情報力の大事さがよく分かる
まあネットがある現代の日本の庶民も決して情報力に優れてるとは言えないが
[ 2016/09/06 01:24 ] [ 編集 ]
疎開するよう再三本土が指示しても

それを無視し沖縄に残ったのだ。

[ 2016/09/06 01:24 ] [ 編集 ]
あーだこーだ、彼の死に際を批評するのは冒涜のような気がするから、何も言えない。

ただ、美しい話なのか悲しい話なのか分からない。戦争の話は大体、複雑な気持ちになって言葉にならなくなってしまう。立派で優しい人から先に逝くのが戦争だと思えて、切なくなる。

[ 2016/09/06 01:24 ] [ 編集 ]
鬼畜米英とかいうスローガン、これ広めたの朝日新聞とか今の毎日新聞だからね。
一億総玉砕とかもそう。読者公募の標語だったりする。
国が広めたと誤解してる人いるけど。
[ 2016/09/06 01:38 ] [ 編集 ]
中国は捕虜になったら最後見せしめになぶり殺しにしたし、アメリカは海に浮かんでる兵隊を機銃掃射してたしさ
そりゃ捕虜になるな、ってなるわなw
律儀に海に落ちてる敵兵を助けたりしてる日本はお人よしもいいところ
あの頃まともに国際法守ってる日本人が今では極悪人にされてるというね、なんだろうね
[ 2016/09/06 03:46 ] [ 編集 ]
>まあこの士官はこの自爆作戦が有効ではなく無駄死にだと考えたのかな?

部下が台湾人だったからだろ
日本人なら違ったかもしれんな
台湾人は朝鮮人のように「日本人」ではなかったから
[ 2016/09/06 03:47 ] [ 編集 ]
この人は高潔な人だが大本営がクズすぎるわ。
なぜ日本の組織は上に行くほど駄目になるのか
[ 2016/09/06 05:58 ] [ 編集 ]
これは本当の話?一次資料はどこだ?見てみたい。
補給部隊に玉砕命令?うーん・・・違和感が・・・。
[ 2016/09/06 07:35 ] [ 編集 ]
最前線の事情に疎い後方の上層部の無理難題に苦労する現場の人間。
昔も今も同じ。
筋を通す日本人の筋が分からぬ外人には、単なる犬死ににしか見えないかもな。
21世紀になっても東は東、西は西。
[ 2016/09/06 08:22 ] [ 編集 ]
真面目で責任感のある人ほど、自らの命をかけて誇りを守る行動を選んでしまう。
いい奴ほど先に死ぬ、って奴だな……
[ 2016/09/06 08:44 ] [ 編集 ]
>悪いのはそこまで日本人を追い込んだ白人が仕組んだ戦争って事だなw

なんでも他人のせいにすりゃ気持ちは楽だわな
[ 2016/09/06 08:55 ] [ 編集 ]
ネットのおかげで少しずつ中韓の嘘がバレて言ってるかな。

100回嘘を付いても、1回の真実には敵わないからね。

それが100回の真実になったら?
すべてがひっくり返ると思う。
[ 2016/09/06 09:07 ] [ 編集 ]
>なんでも他人のせいにすりゃ気持ちは楽だわな

けど間違ってはないよな。
[ 2016/09/06 09:08 ] [ 編集 ]
素晴らしい人だね。
私にはこんなこと出来ない。
来世を信じてるわけじゃないけど、来世がもしあるならばこの人には幸せになってほしい。
あと、自決に対しては時代が違うことを考えて発言してほしいな。
[ 2016/09/06 09:24 ] [ 編集 ]
>>神風は戦闘機に爆弾を積んでやることを言う。
厳密には、日本海軍航空隊による特攻部隊が「神風(しんぷう)特別攻撃隊」
陸軍航空隊がやったものは陸軍特別攻撃隊であって「神風」とは言わないのだ
[ 2016/09/06 09:41 ] [ 編集 ]
こういう人から先に亡くなっていって後に残るのは基地外パヨクばっかりになってしまうんだから、そりゃ戦後日本の教育が拗れまくるのも納得ですわ
[ 2016/09/06 09:49 ] [ 編集 ]
自害したのは家族が苦境に立たされるのを回避するためでもあるだろう。
この世にいなければ少なからず責任の所在も曖昧になるから。
[ 2016/09/06 10:13 ] [ 編集 ]
イスラム過激派と変わらんだって?
イスラム過激派は一般市民を相手にしたテロそのものだろうが。全く違うだろ。
肉弾突撃は昔からある立派な戦法だ。
[ 2016/09/06 10:40 ] [ 編集 ]
命令に背いたから責任を取って自決したんだが
外人はなんでこんな単純な事がわからないんだ?
[ 2016/09/06 11:18 ] [ 編集 ]
この短い文章でその人の気持ちがわかる、とか言っているヤツ。なかなかのバカですな。
[ 2016/09/06 11:28 ] [ 編集 ]
中央アジア民族の捕虜虐待方法を教えよう。
①両手両足を一本づつ切断する。これでも80%は生きてる。
②両耳を切り落とす。鼻を削ぎ落とす。これでも70%は生きてる。
③チ〇ポ〇を切り落とす。これでも50%は生きてる。
眼は潰さない。己の体が切り刻まれる様を見せつけるためだ。
④そして切り刻んだ傷口にタバコの火を押し付けたりしてジワジワと痛めつける。
捕虜は苦痛と屈辱と絶望感のまま生き絶えるのだ。
基本的に中華民族も同じだ。通州事件をみればわかるだろう。
逆に日本人は日清、日露戦争での捕虜やWWⅠでのドイツ人捕虜を丁重に扱った。松山収容所や板東収容所の記録を見るまでもない。
WWⅡで突然日本人が国際法や戦時法に違反して残虐になったとはいささか不可解だ。あの民族が日本軍にいたことだけが違う状況だが。
アメリカだって当時は黒人、有色人種差別が当たり前の時代だ。
「生きて虜囚の辱しめを受けず」の戦陣訓が間違いだとは云えないと考える。
[ 2016/09/06 11:33 ] [ 編集 ]
こんなところに落書きしても意味無いよ?
正しい主張なら自費出版でもしなよ
[ 2016/09/06 11:51 ] [ 編集 ]
名無し
>うーん
美談だけど、なんか引っかかるような気が…
何だろう、分からん

>「これで敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」

劉 維添さんの証言NHK 戦争証言アーカイブスNHKオンライン見たけど、何処にも発言が無い。
NHKだと喜んで載せると思うから、後で付け足したんじゃないかな?
[ 2016/09/06 12:23 ] [ 編集 ]
 
リーダーになるべき者には必要な責任感と勇気だと思う。
軍の命令に背いたのだから当時の責任の取り方は、これ以外に無かったのだろう。

このように命を投げ出すようなことはさすがに現代社会ではあり得ないことだが
日本の会社では会社にとって本当に必要な人間が責任とって辞めて行く状況が続いてるよ。
そして後に残るのは無能でずるい管理職連中ばかりだ。
[ 2016/09/06 12:30 ] [ 編集 ]
台湾でも、中共のプロパガンダが国民党によて拡散されてたからな
[ 2016/09/06 12:34 ] [ 編集 ]
問題なのは、玉砕命令なんぞを出す軍幹部のバカどもだ。
ろくな情報収集力もないまま、愚にもつかない作戦ばかり作る無能集団。
日本軍は、兵隊は一流だが、幹部連中は救いようがない。
戦犯とは、米国に対してではなく、自国民に対しての罪で裁くべき。
[ 2016/09/06 13:02 ] [ 編集 ]
台湾が韓国化しなかった原因もこの人達のおかげかもね。
[ 2016/09/06 13:43 ] [ 編集 ]
※これは本当の話?一次資料はどこだ?見てみたい。

日本のシンドラーと呼ばれた杉原千畝だって、偉業が知れ渡ったのは1980年代のことだ。千畝もまた、命令違反の重さから沈黙をしていたという。
…でも、自らの自慢ではなく、海外の方の感謝から発露するということは、とても誇らしいことだと感じる。
[ 2016/09/06 13:58 ] [ 編集 ]
折角の美談なのにコメント欄が悲しいわ
日本人ならこの時の廣枝さんの気持ちは察するだろうに
そういう書き込みに対してお前と一緒にするなとか意味不明な煽りを書く奴までいるし
廣枝さんが同胞同士でこんな風に無駄な喧嘩をするようになった日本人を見たら嘆くだろうな
[ 2016/09/06 15:37 ] [ 編集 ]
さすがベイカー茉秋
[ 2016/09/06 16:01 ] [ 編集 ]
こういうのを見るたびにネットで人生を無駄遣いしたらいかんとは思うんだけどな・・・・ついつい。
[ 2016/09/06 16:40 ] [ 編集 ]
この話よりももっと前の時代で、他にも台湾に駐在していたお巡りさんが
日本本国と現地の人の板挟みになって自殺した人がいなかったっけ。
何をした人かは忘れちゃった。
[ 2016/09/06 17:10 ] [ 編集 ]
ゲリラ戦で直接戦車の下に潜り込んで破壊することが、多少なりとも有効であることは、後の北ベトナム軍も実証してる。人的摩耗を容認する戦術も愚かではあるとはいっても、この人がやってることは国家や仲間に対する反逆ともとれかねん。人としては最高、軍人としては最低だろう。
[ 2016/09/06 17:51 ] [ 編集 ]
コメントのほとんどがずれている。解説の文章はよいがコメントには悪意がある。
嘘の教育を受けた中国人に批評能力は無い。
[ 2016/09/06 17:52 ] [ 編集 ]
ここで自決しなければ、のがした部下がどのように扱われるか。
自ら責を担うことで、命令違反となる部下たちを庇ったということでしょ。
敗戦濃厚となって、愚鈍な決断しか出来ぬ軍上層部に事の顛末を認めさせるにはこれしか無かったのかもしれんね。
[ 2016/09/06 18:23 ] [ 編集 ]
>こんなところに落書きしても意味無いよ?
>正しい主張なら自費出版でもしなよ

自費出版詐欺の元締めさんですか?それか、幻冬○の社員かなw
書店が出版者から依頼され(押し売り)発注して、店頭に並ぶ新書の割合ご存知?
段ボール箱から出されず、バックヤードで眠り、そのまま廃棄される本が圧倒的多数ってご存知?
奇跡的に本棚に並んでも、小一時間程度でバックヤードに行き、そのまま廃棄されるまで二度と店頭に並ぶ事が無い本が沢山有るってご存知?
自費出版なんて店頭に並ぶわけないやろ!!
誰かの目に止まる機会が無いのに自費出版しろって、お前が言う『落書き』と同じじゃないの?
自費出版って出版社のお小遣い稼ぎの為のシステムだよw
[ 2016/09/06 18:35 ] [ 編集 ]
>愚鈍な決断しか出来ぬ軍上層部

特攻は軍上層部だけで考えたものではないよ。
若者たちが自ら考案した特攻もある。しかも当初は上層部に却下されてる。
黒木博司、仁科関夫で検索してみて。
[ 2016/09/06 19:17 ] [ 編集 ]
   
こんな気骨のある日本人は 現代では少数なんだろう

新竹に日本兵が祀られているのは聞いていたけど
この人だったのか

台南と高雄のお寺は行った
とても立派でいつもボランティアの管理人が居て大切にされてるよ
台湾の皆様 ありがとう
[ 2016/09/06 21:05 ] [ 編集 ]
交渉内容の公的な記録も見てみたい
[ 2016/09/06 21:07 ] [ 編集 ]
台湾人は人としての台湾人は人としてのを知ってるよね。
チョンコとは大違いだわ❗️

[ 2016/09/06 21:51 ] [ 編集 ]
日本にとっても裏切り者じゃないと思う。
裏切り者は敵を本陣にまで招き入れる行為じゃない?
部下を救い責任を取るのは上司の仕事、素晴らしい
[ 2016/09/06 22:24 ] [ 編集 ]
あの時も、中国やロシアは日本野蛮人説ロビーをしてたじゃないか

日本国民も少しは懲りろと思うわ

それから、日本国内にて反日活動を許してるのも当時と同じですわ。
それを、良いように利用されて怒ってる日本人も同じじゃないの?

少しでも声を上げて頑張りましょう
[ 2016/09/06 23:28 ] [ 編集 ]
ひとつ気になるのは、銃で頭を打って自害する時に「2回」引き金を引けるのか?2回連続で引き金を引く事で仕留める確率が格段に上がるから、その様に訓練されていたとしてもだ。
[ 2016/09/07 00:04 ] [ 編集 ]
ほんと軍部はクソだなこれに従わなかったら軍法会議かよクソッタレ
[ 2016/09/07 00:24 ] [ 編集 ]
>他国に押し込んで、そこの国の人々を兵士に仕立てて、厳しい訓練を課して巻き添えにして、って本当に酷い話

他国に押し込んでって、もともとオランダに占領されたり、明に占領されたり、主権の無い状態だった台湾が、日清戦争の結果、割譲されただけだぞ。
しかも当時の台湾は幾つもの先住民族が入り乱れて住んでいて言語すら統一されておらず、まったく国として態を成していなかった。
列強や清にとっても、なんの旨味もない、未開な地だけ日本にくれてやったwみたいな感じだった。

そこから日本の統治下で、バラバラの民族をまとめあげて、一つの政治的集団として機能するところまで持って行ったんだ。朝鮮ではハングルの教科書を作ってやったが、台湾では日本語を教えたのは、統一された言語がなかったからだ。それまで異なる言語を喋っていた民族同士が、日本語を共通語として意思疎通出来るようになった。

台湾の人々をほぼ日本人と同等に扱った結果、戦争が始まった時は日本人と同じように徴兵することになってしまったが、日本が巻き添えにしたと言うより、戦争が始まった時、台湾人は日本人だったとしか。しかも日本はぎりぎりまで開戦を回避しようと努力していたが、叶わなかった。

巻き添えを食らったと言うのは、支配国の人間と同等の扱いではなかったのに戦地に駆り出された、インドやフィリピンの人達みたいな状態のことだと思う。
[ 2016/09/07 02:35 ] [ 編集 ]
平時の価値観でいえば間違いなく人道的なんだけど、戦時にはインパールの佐藤中将のような例もあるから一概には言えない。
あと自決はよくない。責任をとるなら裁判で裁かれるべき。もしくは安達二十三のように死ぬか。阿南もそうだけど責任者が責任を全うする前に自決してしまうと結局責任者不在で残されたものが迷惑を被る。
[ 2016/09/07 09:09 ] [ 編集 ]
上層部がアホなおかげで、真に生き残るべき優秀な人材が死んでしまった
  
[ 2016/09/07 11:16 ] [ 編集 ]
駆逐艦「雷(いかずち)」の艦長を思い出したよ。
[ 2016/09/07 12:56 ] [ 編集 ]
敗戦目前なんだから、軍法会議も何もないだろ。
それとも裁判って、東京裁判?
日本兵を猟奇的に虐殺したり、無差別攻撃でアジア中の民間人を死なせた米軍側は不問にされて、日本側の戦争犯罪は伝聞でも、でっちあげでも裁かれて、「平和に対する罪」とかいう事後法まで適用されて、無茶苦茶されたじゃないか。
原爆落としたくて、日本の終戦交渉を拒否したのはアメリカだろ。
交渉が受け入れられていれば、特攻なんてしなくてよかった。
終戦が宣言されるまでは、残っている人材と物資で戦い続けるか、防戦しながらやられ続けるかしかないじゃないか。向こうは次々と日本上空に飛来して街を焼き払っているのに、飛行機を飛ばす燃料すら尽きかけていた日本にどうしろと。
それで日本よりはるかに悪辣なことをしてきた連合国側が正義面して、帝国軍の上層部だけがこうしていつまでも責められるんだな。
降伏を阻止しようとするクーデター未遂はあったとはいえ、日本政府と軍部が最後までこだわっていたのは天皇制の維持だった。自分たちの身を守ることじゃない。
自己保身しか考えなかった将校もいたかもしれないが、そんなのどこの軍でも同じだろ。
[ 2016/09/07 15:25 ] [ 編集 ]
全員玉砕せよとか、、ほんと当時の上層部はかクズだな。
人の命をなんだと思ってんだ。
[ 2016/09/07 19:33 ] [ 編集 ]
よく特攻兵の勇気を出し称えろと言うけど、、
もちろんそうだけど、、その前に特攻の指示を出してる上層部を弾圧するべきだわ。
指示を出してる側の罪については何も言わない日本の政治やマスゴミ
[ 2016/09/07 19:35 ] [ 編集 ]
>>ひとつ気になるのは、銃で頭を打って自害する時に「2回」引き金を引けるのか?2回連続で引き金を引く事で仕留める確率が格段に上がるから、その様に訓練されていたとしてもだ
二丁拳銃の使い手だったんだろう
[ 2016/09/07 19:48 ] [ 編集 ]
人としての責任を果たし
軍人としての責任を果たした

合掌

後、玉砕命令だした上層部の連中よ。地獄で裁かれよ!
[ 2016/09/07 20:46 ] [ 編集 ]
頭部に二発
話の尾ひれ?
または止めの一発を介添え人に頼んだか。
真相はいかに。
[ 2016/09/08 02:26 ] [ 編集 ]
前から思ってたんだが、この人はハンサムだな。

[ 2016/09/08 04:39 ] [ 編集 ]
この人は立派だけど軍部は明らかにダメだよ

戦争の引き際をわきまえず首都まで攻められて屈辱的な講和をさせられる事を
「城下の盟」って言って将として最も愚かな行為として責められるそうだが、
旧日本軍部がまさにそれだった

本来、負けが分かった段階で犠牲を最小限にし最も良い負け方を選択するのが
上の責任 それが軍部のメンツが邪魔してあたら若い命を無駄に散らせ、
徹底的な敗北をねじ込まれ誇りも何もかも潰され、その後の日本を大いに苦しめた

[ 2016/09/08 05:00 ] [ 編集 ]
玉砕は現場の人間の判断でアリだと思うけど
上から命令しちゃいけないよな。ましてこの場合兵は台湾人だし
[ 2016/09/08 05:28 ] [ 編集 ]
台湾兵も皇軍兵士だ。それを上官の命令を無視して、鬼畜米英と取引するって
日本人としたら国賊にしか見えないわ(怒)
[ 2016/09/08 17:30 ] [ 編集 ]
なんか一人だろうが、バカなコメント連発してる奴がいるなw
「本来、負けが分かった段階で犠牲を最小限にし最も良い負け方を選択するのが
上の責任 それが軍部のメンツが邪魔してあたら若い命を無駄に散らせ、
徹底的な敗北をねじ込まれ誇りも何もかも潰され、その後の日本を大いに苦しめた 」

バカにも程があるww句読点打てない事からも幼稚園児かコリアンだろうなw

最初から日本は勝ち切る予定もなかったし、継続する予定もない。
どこで停戦に持ち込むか?を常に検討していた。1944年には一度停戦の打診をしたが回答はなし。
45年に再三米国に打電するも回答なし。原爆2発落とした時点で米国側からポツダム受諾を迫られる。
つまり新型爆弾の実験は1年以上前から準備していたってことだ。
[ 2016/09/09 05:32 ] [ 編集 ]
この記事は半分は嘘だと思う。当時の米兵が投降兵を皆殺しにしたのは有名な話。
日本から帰国した捕虜は数万人に上るが、中国や米国から帰国した捕虜は殆どいない。
どちらも皆殺しにしたから。
[ 2016/09/09 05:45 ] [ 編集 ]
その二千もの棒地雷はどこにいったんだ?
戦車ってのは歩兵部隊と一緒に進軍するもんだが、その対処はどうしろと?
軍に組み込まれた外人部隊の長が、そう易々と敵部隊と交渉できるもんなのかい?

重要な部分がかなりザックリと省かれてるような話だね。
全部ウソだとは言わないが、もっと複雑な経緯があったんじゃないのかな?
[ 2016/09/12 18:44 ] [ 編集 ]
・・・何で「弾薬尽き」と書いてるのに棒地雷だけそんなにあるんだ?
[ 2016/09/13 01:34 ] [ 編集 ]
日本は台湾人を日本人として扱った。
台湾では日本人として徴兵は最初志願徴兵のみで
倍率はとてつもなく高く、台湾人は己の血を使い大本命に熱意を伝えたらしい。
薫空特攻隊だったかな?所謂高砂族は大活躍だったようだ。
台湾は現在も総統府(国会議事堂)は日本統治時代のものだ
[ 2016/09/14 07:28 ] [ 編集 ]
>地雷を持って自爆しろなんてとんでもない。イスラム過激派と変わらん。
>沖縄では実際にやったんだろう。
>東京裁判が茶番というなら自分たち自身で総括すべきだ。


アメリカの工作員はっけ~んw
中国韓国の工作員はよく知られてるけど、アメリカも相当やってるよね。気づかずに反日や日本悪の書き込みはみんな中国韓国人の書き込みだと勘違いしてる日本人が結構いるけど
日本人は気をつけるべきだな
[ 2016/09/14 22:23 ] [ 編集 ]
台湾兵も皇軍兵士だ。それを上官の命令を無視して、鬼畜米英と取引するって
日本人としたら国賊にしか見えないわ(怒)

>純粋に台湾人が日本人ならね。上の方でも書き込みが出てる様に日本の目的は「アジアの解放」が目的だったと言う事。
それが拗れてWW2となった。それでも前提として解放者足るべき姿を見せる為には台湾人の被害者は極力避けるべきってのがこの人には有ったと思うよ?
だから、軍規に反る形になるとしても「台湾人の部下は生かして帰す道理」を貫いたんだと思う。
そしてその責任を取るとして自決を選んだのだと思う。
交渉も「強制的に台湾から連れてきた兵だから彼等だけでも保護して欲しい」と言ったんじゃないかな?
[ 2016/09/19 00:58 ] [ 編集 ]
戦をやってるんだから上に立つ者には責任の取り方がある

祖国及び陛下に対しても、台湾人に対しても、敵対した相手に対しても納得させる方法を選んだ結果が自決だった

むしろ自分の意志を優先させて、不名誉を負って軍令違反を犯した苦渋の決断だ
治世でこそ美談だが、戦時においては決して認められない大罪

相当な覚悟を持って決断と死を選んだのだと思うよ
[ 2016/09/24 01:05 ] [ 編集 ]
どこかの島でも有ったな
戦況が悪化して明日は最終決戦というときに、現地人たちが自分たちも一緒に戦わせろと懇願、
ところがそれまで優しかった司令官は鬼の形相で、我々皇軍の軍人がお前ら土人と一緒に戦えるかと
悪ぶり、現地人を安全な島へ移したと。
そして壮絶な闘いの末に部隊は全滅。

[ 2016/09/24 15:20 ] [ 編集 ]
>帰国した台湾の人たちは裁かれなかったんだよね。そっちが気になる
腹を切るということには、本件はこれで終結としてくれ という意味もあり、日本にはそれを認める(場合もある)という考えがあった。
戦国時代の城主が腹を切るから配下の武将は赦してくれというケースが典型。(兵卒は雲散霧消するので無視)
台湾の人たちは裁かれなかったからこそ祀られてるんじゃないか?
[ 2016/09/29 23:14 ] [ 編集 ]
棒地雷もって突っ込めなんて命令しても、台湾人が聞くわけねーと思ったんだろ。へタすりゃ暴動で日本人皆殺しだよ。当然の情勢判断だと思うね。
[ 2016/10/26 22:23 ] [ 編集 ]
古代からずっと繰り返し
戦争に勝ったほうが自分たちに都合が良いように歴史を書き換え続けてきた。
歴史はおおよそ戦勝側にとって都合よく書き換えられてると思うのがまともな考え方。
中国なんか情報社会でばればれになってからも堂々とやりたい放題続けてるしね。
[ 2016/10/29 01:19 ] [ 編集 ]
自害したことの心情は全く伝わらんのな
ます、お国の役にたてず、命令に違反してしまった責任がある。
しかし、それは自分の信ずべきことを通したのであって、自分の一番大事な「命」をかける覚悟をともなうものであった。
生きながらえては、それが自分の保身のためだと思われる。
こういうとこだろうね。
[ 2016/11/06 01:30 ] [ 編集 ]
パラオの件と言いこういう話があるってことは支配地域の住民に対する差別や奴隷扱いが無かったということの証明でもあるね。
むしろ大事に扱われてた。
[ 2016/11/07 13:14 ] [ 編集 ]
>他国に押し込んで、そこの国の人々を兵士に仕立てて、厳しい訓練を課して巻き添えにして、って本当に酷い話だけど…。

どこの国でも属国の国民を兵士に仕立てるのはやってる事だよ
日露戦争ではポーランド兵が最前線に送られて日本兵と戦わさせられた
アメリカの日系人も、これは志願兵だけど日系人収容所から出てヨーロッパ戦線で戦った
台湾の場合は当時は日本だったんだから日本人として戦うのは当たり前
[ 2016/11/10 13:38 ] [ 編集 ]
>>自爆するという意味では合ってるけど、神風は戦闘機に爆弾を積んでやることを言う
より正確には海軍航空隊の特攻「神風(しんぷう)特別攻撃隊」のみ、陸軍航空隊のは「陸軍特別攻撃隊」、英語だと自爆攻撃は何でもKamikazeになっちゃうけど
[ 2016/11/19 19:05 ] [ 編集 ]
いやしかし本当に悲惨な戦いだったんだろうな 今のようなぬるま湯に浸かった日本人では当時の苦労はまったく実感として想像できないよ 自爆は愚かな作戦だったけど、進退窮まったうえでの苦肉の作戦であっただろうし、いずれの犠牲も尊いものだと思う 戦争で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします 
[ 2016/11/22 23:30 ] [ 編集 ]
捕虜になっても部下を生きて故郷に帰したいと思ったが、それは日本人としては裏切り行為になる
命令に背いた責任をとって、自決されたんだ
台湾の方にも、そこまでは分かって貰えないか
こんな立派な方が居たと同時に、兵を無駄死にさせるような命令を下す上層部があった
今の日本も、一般人の質は高いのに、指導者の質が低い
安部総理はまだ優秀な部類
[ 2016/11/23 10:36 ] [ 編集 ]
イスラム過激派の自爆テロは、一般人を目標にしてる
米軍の戦車に突っ込んでいたら、話がだいぶ違っただろうね
[ 2016/11/23 10:40 ] [ 編集 ]
NHKBSドキュメンタリーで元米兵が言っていたな
白旗掲げて降伏してくる日本兵を戦友が撃ち殺したってね
捕虜になるのをいけないことにしたのは問題だっていうけど、
日本人は卑怯だから、捕虜になることは問題ないなんて言ったらみんなすぐ捕虜になってたんじゃないかなあw

[ 2016/11/26 11:10 ] [ 編集 ]
台湾軍令部の命令は、戦略的にも戦術的にも無意味だったと思う。自分は特攻隊という戦術も肯定はしないが、これはそれらとは比較の価値も無い位に無駄で意味が無いと見る。こうした汚点をも直視しないことには、真実の第二次世界大戦からの戦訓には辿り着けないんだろうな。
[ 2016/11/26 22:59 ] [ 編集 ]
小学校で「日本兵は台湾兵に爆弾持たせて特攻させていた、鬼畜である」と教師に教えられていたね。
教師が鬼畜だったね。
[ 2016/11/27 14:32 ] [ 編集 ]
玉砕だの特攻隊だの、何の意味もない無駄死しを強いる命令を出した軍幹部は、真の国賊と言える。
[ 2016/11/29 20:34 ] [ 編集 ]
>特攻を良しとしなかった話なのに特攻賛美する奴がいてビビるわ
ここのやつが指揮官なら台湾人巻き込んで特攻するんだろうな
戦争を正当化するバカが多すぎる

特攻を賛美しないが、過去の追い込まれた状況下で苦悩の決断を下し
特攻していった人達を侮辱する発言は許せん。
海外で奴隷政策を実施してきた欧米が敗戦国の日本に対して、
どの様な苦境を強いるか、国内のプロパガンダで歪んだ情報しか得られない
兵隊が家族の為に死して日本を守ると言う考えに向かうのも仕方ないだろ。
[ 2016/11/30 09:04 ] [ 編集 ]
何故自決をしたのか
日本人以外理解しなくてもいいしする必要もない
[ 2016/12/02 04:12 ] [ 編集 ]
降伏拒否をして自決するのはモーデル元帥とかドイツ軍とかでも結構あったと思うけどなあ。
外国人が理解できないというのがわからない。
まあ、日本の場合だと
『指揮官としては抗戦義務があるが、部下を死なせるのは忍びないので、自分の死によって継戦義務を解く』
あるいは『命乞いをせずに最後まで戦ったという証拠を周囲と残された家族に残す』という二つの理由が大きいのかな。

[ 2016/12/08 10:31 ] [ 編集 ]
これは自決だけど、精神においては特攻みたいなものだ。特攻が日本だけの物のように思われているけど、絶滅戦のような戦いでは、規模は小さいが、ドイツやソ連など、日本以外でも例がある。ほとんど知られていないのは宗教的な制約があるからだと思う。事実であっても公にはできない。しかし、追い詰められて、家族や共同体を守る手段が他に無くなった場合は有り得ることだ。但し、日本はこれを肯定し、一定程度組織化してやった。また、そういう文化的背景もあった。これは諸外国にみられない。
[ 2016/12/11 03:17 ] [ 編集 ]
本当に戦争ってダメだよな。勇気ある者、気高い者から真っ先に死んでいくから
[ 2016/12/11 23:03 ] [ 編集 ]
>命令に背いたから責任を取って自決したんだが
>外人はなんでこんな単純な事がわからないんだ?
いやわかるはずなんだけどな。生きて帰ったらどの国でも軍法会議で責任追及だから。国によっては敵前逃亡は銃殺だし。
[ 2016/12/17 00:45 ] [ 編集 ]
祖父から聞いた話
祖父の兄もフィリピンで亡くなっているけど
生き残った部隊長の話では
膠着状態が続く中「自分が敵兵に突撃する間に皆逃げてくれ」と言って止めるのも聞かず突撃して戦死したらしい。
左翼はバカバカしいって言うだろうけど
「全滅より・・自分ひとりの犠牲で皆に助かるチャンスを・・」と
独身だった彼なりの冷静な自己犠牲の選択だったんだろうと思う。
自分は人によって生かされているから、自分が死ぬ時も誰かの為になんて考え方は武士の家系じゃなくても普通の日本人にもあったんだね。


[ 2016/12/17 08:12 ] [ 編集 ]
左翼は、命が一番大事。命を賭けることは間違っていると考える。
国を売っても自分だけが助かれば良い、と思ってる連中だからね。
自分の子供が危険なときに、親は命が大切で、逃げることが大事なのか?
自分の住んでる土地が攻められたときに、ただ逃げて浮浪者になるのが正解なのか?

アメリカやオーストラリアで、どれだけの原住民が生き残っているのかを考えれば、白人連中の戦争観がわかる
自分の子孫や、それら国自体を守ってきた天皇陛下のために命を捨てることは悪ではなかった

ちなみにソ連軍は、北方領土を奪取するために、逃げ遅れた原住民は皆殺しにした
[ 2016/12/18 23:23 ] [ 編集 ]
サヨクガーって言ってる奴いるけど、誰も批判しないよ
むしろ国の悪辣な命令を拒否して外国人を助けたんだから、左翼も褒めるだろ
[ 2016/12/19 00:41 ] [ 編集 ]
内地人としての責任感だな。
帝国の中心にいる者としては責任を取らなきゃいけない。

今の東京都民は全国の人間に迷惑かけて金もたかって生きてる最低人種しかいないが。
[ 2016/12/22 13:02 ] [ 編集 ]
一億総玉砕
台湾韓国日本合わせ1億人全員が
特攻し、天皇が最後の一人となって自害して頂く
これが陸軍の末期のシナリオだから、恐ろしい
[ 2016/12/26 00:39 ] [ 編集 ]
自決をする事で、部下、そして家族を守ったんだよ
賛美、美談やない、リアリストや
[ 2016/12/27 22:46 ] [ 編集 ]
鬼畜米英を叩いている(否定している)輩は欧米列強が正義で日本が悪だと思っているに違いない。
たぶんシコリアン学校でシコリアン捏造教育を受けて捏造歴史の信じているに違いない。

きっとそうだ。
シコリアンは悪い事しかできない。
[ 2016/12/28 23:26 ] [ 編集 ]
鬼畜米英を叩いている(否定している)輩は欧米列強が正義で日本が悪だと思っているに違いない。
たぶん氏コリアン学校で氏コリアン捏造教育を受けて捏造歴史の信じているに違いない。

きっとそうだ。
氏コリアンは悪い事しかできない。
[ 2016/12/28 23:27 ] [ 編集 ]
死を恐れない日本人は、もう今は居ない。
70になっても死期に逆らって、糞尿を垂らしながらでも生きたい
醜い老人だらけの日本になってしまった。
[ 2016/12/29 00:52 ] [ 編集 ]
頭部に弾丸を…
二発…?
[ 2016/12/31 00:52 ] [ 編集 ]
台湾人の命を救った、とか言ってる歴史を知らないクソバカが湧いてるが、この隊長は別にそんなもん意識して行動したわけじゃない。
日本人だろうが、台湾系だろうが、そんな枝葉は関係なく、「かわいい部下2000人の命を助けるのに手前一人の命で済むなら、もう勝ち目もない戦だしそうしようじゃないか」、と言う一念で行動したんだよ。
武士道の顕現者だ。
[ 2017/01/09 04:26 ] [ 編集 ]
>70になっても死期に逆らって、糞尿を垂らしながらでも生きたい 醜い老人だらけの日本になってしまった。

んなこたーない。
んじゃ東日本大震災後、危険な福島第一原発の処理に「若者が行くよりは」と命がけで向かったリタイア技術者の老人たちはどうなるよ?
確かに政治屋や、学生運動上がりの生き意地の汚い醜い老人は非常に目立つけど、未だ武士は生きてるなと感じたぞ?>そのとき
[ 2017/01/09 04:30 ] [ 編集 ]
ブラック企業の残したツケを個人が贖う図式は戦前から変わってないな
反日に流れることなく、そこらへんをどうにか出来ないもんかねえ
[ 2017/01/10 04:34 ] [ 編集 ]
1億玉砕と全く同じことを現代の自称平和運動家が言ってるから恐ろしい。
日本は武装せず、外国が攻めてきても美しく抵抗せずに滅びましょう
ですもの。
原発事故に関して、東電社員は全員汚染水でも飲んで処理しろよっていう奴も
解決のために全く役に立たないことを腹いせの意味だけで他人に押し付ける。
戦時中にもそういう懲罰的な命令(戦術的には無意味)を出すゴミクズ上官もいたし、
もちろんそうでない人もいた。
[ 2017/01/28 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索
SNS

人気記事
Ad
旧ブログ
旧ブログ:翻訳したらこうなった http://honyakusitem.blogspot.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージ
応援おねがいします^^
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ