【海外の反応】翻訳したらこうなった+ TOP  >  サッカー




「時間稼ぎの報いだ!」イラク戦の山口の劇的弾に海外も歓喜⁉︎


E5B1B1E58FA32016E382A4E383A9E382AFE688A6E382B4E383BCE383AB.jpg


W杯予選の初戦を落とし、もうホームでは勝ち点3を落とせない日本代表が向かえたイラク戦、原口選手のゴールで先制しながらも、後半にイラクに追いつかれ、嫌な予感がよぎりましたが、終了間際の山口選手の劇的ゴールで勝ち点3をものにしました。
イラクが怪我を装う時間稼ぎで引き分けを狙う中、最後の最後で生まれた痛快なゴールに海外からも喜びのコメントが出ていたのでご紹介です。


日本、山口がロスタイムに誕生日劇弾!!イラクに2-1で勝利

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組第3戦は6日、埼玉スタジアムで行われ、FIFAランク56位の日本代表は同123位のイラク代表と対戦。1-1で迎えた後半ロスタイム、この日が26歳の誕生日のMF山口蛍(C大阪)がミドルシュートを決め、2-1で劇的勝利を飾った。

25分、清武がドリブルで持ち上がると本田へスルーパス。本田からオーバーラップをしてきた清武へパス。清武はペナルティーエリア右から絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、原口がオシャレな右足ヒールでゴールに流し込み先制した。42分、清武のFKを本田が頭で合わせたがイラクGKがキャッチ。そのまま前半1-0で終えた。

 後半15分、イラクのY・アハメドのFKからサードが頭で合わせゴール左に決められ、日本は同点に追いつかれてしまった。21分、日本は1枚目の交代で柏木に代わって山口を投入した。23分、清武のFKからゴールを狙ったが得点ならず。

 28分、岡崎に代わって浅野がピッチへ。34分、本田がヘディングシュートを放ったが惜しくもポストに当たりゴールならず。35分、3枚目のカードで本田に代わり小林を投入した。試合終盤には、吉田を前線に上げ得点を狙ったがイラク守備陣を打ち破ることができず。このまま、まさかのドローに終わるかに思われたが、ロスタイムに山口が強烈なミドルシュートを叩き込み劇的勝利となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000576-sanspo-socc




https://www.youtube.com/watch?v=oZKBMkczRDY



[ 2016年10月06日 22:55 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(67)

海外「彼に何が起こった⁉︎」ケルン大迫の半端ない好調ぶりに海外ファンも驚き⁉︎

E5A4A7E8BFAB2016E7ACAC5E7AF80E382B4E383BCE383AB04.jpg



昨日のブンデスリーガ第5節で2戦連発となるゴールを決めたケルンの大迫選手。そのスーパーゴールと半端ない好調ぶりが海外ファンの間でも注目を集めていたのでご紹介です。


こちらはそのゴール



ドイツ紙も絶賛

2戦連発の大迫をドイツ各紙が絶賛! 「爆発的な好調」「ずば抜けていた」

ブンデスリーガ第5節が25日に行われ、FW大迫勇也が所属する2位ケルンは6位ライプツィヒとホームで対戦。1-1で引き分けた。

 ともに今シーズン無敗のチーム同士の一戦は、ライプツィヒが立ち上がりの5分にオリヴァー・バークのゴールで先制。しかし、ケルンが25分、大迫の2試合連続となるゴールで同点に追いついた。

 大迫は25分、ペナルティーエリア左側でパスを受けると、鋭い反転で相手DFをかわして左足を一閃。強烈なシュートでニアサイドを射抜き、ゴールネットを揺らした。

 地元紙『Koelner Stad-Anzeiger』は、マッチレポートに「大迫の夢のようなゴールでケルンは無敗をキープ」、試合後の採点と寸評には『ずば抜けていた大迫』の見出しをつけ、この一戦の主役を演じた大迫の見事なゴールとパフォーマンスを絶賛。採点もチーム単独最高となる「1.5」点となった(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)。

 寸評では「自信をつけるとはこういうこと。思うような展開ではない時でも常に動き回って良いアクションを起こしており、ファンタスティックなゴールを決めた」と、自信を持ってプレーできるようになった大迫を称賛。ボールを持っていない時の動きも含めて高い評価が与えられた。

 また、ドイツ紙『EXPRESS』も「大迫の一発がケルンの勝ち点を救う」とのタイトルでマッチレポートを掲載。採点はドイツ人MFマルセル・リッセ、同DFコンスタンティン・ラウシュとともにチーム最高タイの「2」がつき、寸評でも「まだまだ続く爆発的な好調。素晴らしい同点弾。つねに動いていた」と、称賛の言葉が並んでいる。

 ライプツィヒ戦、4試合連続先発出場だった大迫は72分までプレーした。ケルンは勝ち越しゴールを奪えなかったものの、開幕5試合を終えて3勝2分けと無敗を維持。バイエルンとドルトムントに次いで3位につけている。次節は10月1日、首位バイエルンとアウェーで激突。王者を相手に大迫の3試合連続ゴールが決まるか、期待が集まる。

http://news.livedoor.com/article/detail/12066944/



[ 2016年09月26日 21:04 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(14)

浅野のタイ戦のゴールに興奮を隠せないアーセナル・サポーター「将来が楽しみだ!」

E6B585E9878E2016E382BFE382A4E688A6E382B4E383BCE383AB.jpg


昨日のW杯最終予選のタイ戦で、貴重な追加点を決めたFW浅野選手。オリンピックから続く好調を維持して、代表でも高いパフォーマンスを維持していますが、この活躍に興奮を隠せないのが浅野選手と契約したアーセナルのサポーター達。今シーズンはドイツのシュツットガルトへのレンタルとなりましたが、浅野選手のアーセナル復帰後の活躍に期待が膨らんでいるようです。


浅野拓磨「気持ちで押し込んだ」幻ゴール払拭の1発

FW浅野拓磨(21=シュツットガルト)が、貴重な追加点を挙げた。1-0の後半30分、MF長谷部が前線を狙ったパスに素早く反応し、頭でボールをコントロールしてから右足で決めた。国際Aマッチ2点目。日本にとって追加点が欲しい状況での1発に、代名詞であるジャガーポーズが出た。

 「ハセ(長谷部)さんが良いボールを出してくれた。僕の動きだしのタイミングとはちょっと合わなかったけど、グラウンドも悪かったですしボールを触ったら、何とかなるかなと思って。シュートは気持ちで押し込んだ。やっと入って良かった」

 UAE戦では苦い思いをした。1-2の後半32分に放った左足ボレーがゴールラインを割ったように見えたが、ノーゴールの判定。「応援してくれているみなさんだったり、チームメートだったり申し訳なかった気持ちが強かった。僕も悔しかった」と本音をこぼした。

 それでも、悔しい思いを封印し1トップとして最終予選で先発。82分間堂々とプレーした。「新たなスタートとして『今日絶対勝とう』とチームでも話していましたし、勝ち点3取れて良かった」と、すがすがしい笑顔だった。

http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1706079.html




https://www.youtube.com/watch?v=qXYbYyyiB3c




[ 2016年09月07日 23:39 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(19)

「酷すぎる!」日本代表の得点が認められない誤審に海外からも怒りの声

20160901-OHT1I50129-T.jpg



W杯アジア最終予選の初戦、UAE戦で日本はまさかの逆転負けで敗れました。この試合、海外掲示板で最も注目を集めていたのは残念ながら審判。浅野選手のシュートがラインを割っていないということで、ゴールが認められなかったシーンを含め審判への不満が噴出していました。


ハリル監督「ひどい試合」審判の笛に疑問符「受け入れがたい」

ハリルホジッチ監督(64)は試合後のインタビューで開口一番「本当にひどい試合」と渋い表情だった。後半9分、PKで逆転され「審判の(笛の)吹き方はどうですかね」と疑問を呈し「審判の笛の吹き方は受け入れがたい」と吐き捨てた。

 「FKとPKで2失点したわけですが、これは簡単に防げた試合」と守備陣に苦言を呈した後「それから、審判の(笛の)吹き方はどうですかね。審判の笛は受け入れがたい」とした。

 ただ「あと9試合あるわけで、まだまだ終わったわけではない」と前を向き「しっかりと(きょうの)分析をして、われわれのトレーニングを続けるしかない」と次戦を見据えた。

 6大会連続のワールドカップ(W杯)出場を目指すサッカー日本代表に暗雲がたちこめた。W杯アジア最終予選が1日、各地で行われ、B組の日本は埼玉スタジアムで初戦となるUAEと対戦。前半11分にMF本田圭佑(30=ACミラン)の得点で先制したものの、同20分に直接FK、後半9分にはPKで逆転された。1点を追う同33分には途中出場のFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)のシュートがゴールラインを越えたかのように見えたが、得点は認められず。結局、1―2とホームで痛恨の逆転負けを喫した。日本は開催国で予選免除の02年日韓大会を除く、4度のW杯出場ではいずれも最終予選初戦に勝っており、不安が残る結果となった。

https://www.reddit.com/r/soccer/comments/50mx5y/post_match_thread_japan_12_uae/?sort=new


[ 2016年09月01日 22:21 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(119)

「感動的・・」バルセロナU-12の選手が日本で見せた、大人顔負けの行動が海外でも話題に

barcelona4-500x333.jpg


U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジという大会の決勝戦で、勝ったバルセロナの下部組織の選手達が、負けた大宮アルディージャジュニアの選手達に対して取った大人顔負けの行動が海外掲示板でも注目を集めていました。

その動画がこちら



参考

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016の決勝戦が28日に都内で開催され、大宮アルディージャジュニアはバルセロナ・インファンティルBと対戦して0-1で敗れた。

 グループステージを全勝で首位通過を果たし、無失点のまま決勝まで駒を進めた大宮だったが、世界屈指の下部組織を持つバルセロナに大会唯一の失点を許してしまった。

 大宮の選手たちは悔しさのあまりピッチにうなだれ、中には立ち上がることのできない選手もいたが、バルセロナの選手たちは敗れた大宮の選手たちに手を差し伸べ、健闘を称えた。

 さらに、試合後の表彰式でもバルセロナの選手は花道を作り、拍手で大宮の選手を迎えるなど、敗戦したチームに最大限のリスペクトを示した。

 バルセロナのセルジ・ミラ監督は、この行動は選手たちが自発的に行ったものであると明かしている。

「一番最初に選手たちが『花道を作りたい』と言ってきました。彼らは多くの試合を行い、勝つこともあれば負けることもあるので、負けた時の気持ちをよく知っています。なので、勝った時に感謝の気持ちを込めて相手に『ありがとう』と伝えたくて、彼らは自発的に動きました」


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010019-footballc-socc


[ 2016年08月31日 12:01 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(19)

「攻撃陣は最強レベル⁉︎」日本代表浅野と中島のゴールを海外も賞賛!

E6B585E9878E2016E4BA94E8BCAAE382B3E383ADE383B3E38393E382A2E688A6E38389E383AAE38396E383AB02.jpg


サッカーU-23日本代表はリオ五輪グループリーグ第2節、残念ながら初勝利はならなかったものの、コロンビア相手に2点のビハインドを追いつき、引き分けに持ちみました。
この試合を通して別格の活躍を見せた浅野選手には移籍先のアーセナルサポーターから賞賛の声があがっており、また中島選手の美しいミドルシュートも海外サッカーファンから注目を集めていたようです


日本、浅野&中島弾で2点差追いつく スウェーデンとの最終戦に望み/U-23日本代表速報

U-23日本代表は現地時間7日(以下現地時間)、リオ五輪グループリーグ第2節でコロンビアと対戦し2対2で引き分けた。

 ナイジェリアとの初戦を4対5で落とした日本は、GK中村航輔を先発させるなど、初戦からスタメン4名を入れ替えて試合に臨んだ。序盤から押し気味に試合を進めると、11分に浅野拓磨がネットを揺らしたが、オフサイドで得点は認められず。34分には興梠慎三のクロスに藤春広輝がフリーで合わせるも、ヘッドは枠を外れ先制のチャンスを逸し、前半をスコアレスで終えた。

 後半も日本は、46分の浅野のシュートがクロスバーに阻まれ、その後も矢島慎也のシュートが枠を外れるなど好機をモノにできない展開が続く。すると59分、コンビネーションで中央を崩されグティエレスのゴールで先制を許してしまう。さらに、65分に藤春のオウンゴールで2失点目を喫し、窮地に立たされる。

 それでも、67分に途中出場の大島僚太、南野拓実と繋ぎ、南野からのラストパスを受けた浅野のゴールで1点差に詰め寄る。これで勢いに乗ると74分、中島翔哉がミドルシュートを決めて試合を振り出しに戻す。ロスタイムには浅野が逆転のチャンスを迎えたがGKに阻まれ、試合はそのまま2対2で終了。両チーム勝ち点を分け合った。

 この結果、日本は2試合を終えて勝ち点1。10日のスウェーデンとの最終節に決勝トーナメント進出の望みを繋いだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000015-ism-socc



コメント元
ttps://www.reddit.com/r/Gunners/comments/4wo3in/asano_ignites_comeback_against_colombia/?
ttps://www.reddit.com/r/soccer/comments/4wo5bv/nakajimas_long_range_equalizer_off_the_crossbar/?

[ 2016年08月08日 22:41 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(16)

「誰のせいだ⁉︎」メッシの代表引退に海外サッカーファンもショック 海外の反応

E383A1E38383E382B7E6B699.jpg


コパ・アメリカの決勝で、PK戦の末チリ代表に敗れたアルゼンチン代表のメッシ選手が代表引退を表明しました。まだ29歳のメッシ選手の突然の代表引退表明に海外のサッカーファンの間では、驚きとともに様々な憶測が飛び交っていました。


メッシ、アルゼンチン代表引退を表明。コパ決勝で優勝逃し…「僕の役目は終わった」

 アルゼンチン代表のリオネル・メッシが、代表引退を表明した。

 現地時間26日、アルゼンチン代表はコパ・アメリカ決勝でPK戦の末に敗れ、大会23年ぶりの優勝を逃している。

 アルゼンチンは2014年ブラジルW杯、昨年のコパ・アメリカに続いて3年連続で優勝を逃し、メッシ自身もPK戦で自らのキックを失敗して初のA代表のタイトルを逃した。

 試合後、メッシは「どの瞬間も分析することは難しい。ドレッシングルームで、僕にとってのチームの役目は終わったと考えた。思い返すと、非常に悲しいことが起きた。とても大事なPKを外してしまった。そういうことだ」と述べた。

 メッシはワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)や北京五輪では優勝しているが、A代表でのタイトルはない。

 今大会の準決勝アメリカ戦でガブリエル・バティストゥータ氏が持つ代表最多得点記録を更新する55得点目を決めていた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00010024-footballc-socc

[ 2016年06月27日 20:31 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(19)

チェルシーのアザールが子供に厳しすぎると話題 海外の反応

maxresdefault.jpg


プレミアリーグ、チェルシーのスタープレイヤー、アザール選手のとある動画が海外掲示板で注目を集めていたのでご紹介です。



元スレ 海外掲示板
「チェルシーのアザール、子供のしつこいディフェンスに容赦なし」
https://www.reddit.com/r/sports/comments/4jlwl8/chelseas_eden_hazard_doesnt_take_too_kindly_to_a/






[ 2016年05月17日 23:29 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(8)

「世界一幸せな男!」岡崎所属のレスターが奇跡のプレミア初優勝 海外の反応

4440ea51.jpg



岡崎選手の所属するレスターがプレミアリーグ初制覇を決めました!
優勝オッズ5千倍と、超大穴としてシーズン開幕を迎えたレスターが優勝するという、サッカー史に残る番狂わせに、レスター市内だけではなく、世界中のサッカーファンが熱狂しているようです。海外掲示板でも大盛り上がりで祝福コメントで溢れていました。


岡崎も雄叫び!レスターイレブン、バーディー自宅で歓喜

レスターが創設133年目にしてプレミアリーグ初制覇。選手たちも喜びを爆発させた。クラブの公式ツイッターが優勝を報告したほか、日本代表FW岡崎慎司(30)ら、歓喜に沸くイレブンの様子を画像で伝えた。

 リーグ2位のトットナムはアウェーでチェルシーと2―2で引き分け。勝ち点70としたが、同77で首位レスターとの差が7で残り2試合となり、レスターのリーグ初制覇が決まった。

 岡崎をはじめ、イレブンはFWジェイミー・バーディー(29)の自宅に集まってトットナム戦を観戦。試合終了直後、大興奮の中、喜びの輪をつくった。

 「WE DID IT!Leicester City are the @premierleague Champions!」。やったぞ!俺たちが王者だ――。公式ツイッターは、歓喜のコメントで優勝を伝えると、続けて画像を更新。優勝の瞬間のイレブンの表情や抱き合って喜びを爆発させている様子、また岡崎も同僚に交じって雄叫びをあげている画像を投稿して、快挙を喜んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000084-spnannex-socc





[ 2016年05月03日 21:34 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(24)

香川真司の勢いが止まらない‼︎開始9分で1ゴール1アシスト 海外の反応

9e304cfd8977de2021c7a216dcd319c6.jpg



一時期の不調から抜け出した感のあるドルトムント香川選手の勢いが止まりません。
今日のブンデスリーガ第32節のヴォルフスブルク戦でも開始9分で1ゴール1アシストの大活躍でチームの大勝に貢献しました。

香川が開始9分で1ゴール1アシスト…2戦連発の直後に絶妙パスで追加点演出

2戦連発、ここ7試合で5ゴール。ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の勢いが止まらない。

 30日に行われたブンデスリーガ第32節で、ドルトムントはヴォルフスブルクと対戦。4試合連続で先発出場の香川が、リーグ戦9ゴール目となる先制点を挙げると、直後にも絶妙なパスでアシストを記録した。

 開始7分、左サイドのマルセル・シュメルツァーからのクロスを、ファーサイドのヘンリク・ムヒタリアンがダイレクトボレー。しかしシュートは真横に飛ぶと、ペナルティエリア内左の香川が右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 さらに直後の9分、相手のクリアボールを拾った香川が、エリア手前中央で絶妙なスルーパスを供給。反応したアドリアン・ラモスがエリア内に抜け出して、右足シュートをゴール右隅に突き刺した。ドルトムントは試合開始10分も経たずに、香川の1ゴール1アシストで2点リードを得た。

http://news.livedoor.com/article/detail/11475174/




ゴール



アシスト


[ 2016年05月01日 00:47 ] カテゴリ:サッカー | TB(-) | CM(13)


サイト内検索
SNS

人気記事
Rakuten
旧ブログ
旧ブログ:翻訳したらこうなった http://honyakusitem.blogspot.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージ
応援おねがいします^^
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ